スマートフォンやパソコンのアプリ開発には6つの手順が重要です。 

その手順に従う為に必要な準備を進め行くところから始まります。では、アプリ開発の徹底解説を簡単に紹介します。 

まず、どのようなアプリケーションを作成したいかのイメージを構築していきます。例えば、大まかなジャンルだけでもビジネスベースのアプリケーションから、ゲームなどがあります。他にも少し単機能なアプリケーションの作業を行います。 

次に処理単位や機能別、内容別に切り分けていきます。内容や処理を分ける事を仕様を作成するといいます。 

次に、プログラミング言語やアプリ開発言語の色々なプログラミング言語があります、過去のイメージであれば複雑な文法を覚えたり画面設計に関しても高度な知識や経験が必要でした。 

しかし、近年のスマートフォンの普及とコンピュータの高速化によって複雑な作業分岐に関しても画面にアプリ開発用の言語を組み込むことが可能になってきましたので、豊富な経験よりもアプリケーションのアイデアや仕様の作成内容の方が重点を置かれる様になってきています。 

次に、デバッグと呼ばれるプログラミングが正常に動作しているかを確認する方法です。 

最後に完成したアプリのリリースを行います。ここまでが手順の簡単な流れと言う形になります。少しはその流れが分かっていただけましたでしょうか? 

あとは、一つ一つのステップについて、もう少し詳しく勉強していきましょう!こちらのページでは詳しいプログラミング言語について紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね!