プログラミングを学習したいと考えている方は非常に多いかと思いますが、どの言語を学べば良いか分からないという方も少なくないでしょう。ここでは、2021年度最新版の初心者におすすめのプログラミング言語を3種類ご紹介します。

まずご紹介するおすすめは「Python」です。Pythonは、C++とJavaとともにGoogleの三大言語となっており、機械学習やデータ分析の分野で多用されているため世界的に人気が高まっています。また、文法がシンプルで少ないコードで動作するとともに、誰が書いても同じようなコードになるように設計されており、可読性が非常に高いので初心者でも学習しやすいというメリットがあります。機械学習やデータ分析だけでなく、Webアプリやデスクトップアプリ、IoTシステムの開発などにも使われており、ライブラリも豊富なので効率的な開発が可能です。

次にご紹介するのは「JavaScript」です。JavaScriptは、WebサイトやWebアプリの開発に頻繁に使われており、ブラウザ上で動作するのでPCのOSに依存せずに開発できます。開発環境を整える必要もなく、ブラウザとテキストエディタさえあれば開発できるので、学習を始めるハードルが非常に低いという特徴があります。加えて、習得難易度も低めなので初心者でも学習しやすいでしょう。JavaScriptは、Webサイトの制作に必要不可欠で求人数も多いので、特にWebサイトの制作に興味がある方におすすめです。

最後にご紹介するのは「Ruby」です。Webアプリの開発で使用されることが多いものの、スマホアプリや業務系アプリの開発など幅広い分野で活用されています。また、Rubyには「Ruby on Rails」と呼ばれるフレームワークが用意されており、効率的にWebアプリを開発できるようになっているため、開発スピードが重視されるスタートアップ企業などでよく使用されています。そのため、需要も高めとなっていますが、習得難易度も高くはありません。また、Rubyは日本で生まれた言語で、日本語の参考書や学習サイトが豊富という特徴もあるので、とりあえずプログラミングに触れてみたいという場合に最適です。

なお、今回ご紹介した「Python」「JavaScript」「Ruby」はスクリプト言語と呼ばれるタイプで、いずれも習得難易度が比較的低めなので初心者でも学習しやすいはずです。