最近ではアプリ開発のツールも様々なものが登場しており、これらを効率的に利用することによって比較的簡単に様々なアプリを開発することができるようになっています。特に現在では高度な動作をするための様々なフレームワークが確立されており、これに適合する開発ツールを使用することによって様々なプラットフォームに対する適切な動作を行う仕組みを簡単に実現することができます。

従来はフレームワークと言えばMicrosoftのものが主流となっていましたが、現在ではスマートフォンの普及により様々なOSが出現したことから、これにも適合できる仕組みが注目されるようになってきました。特にスマートフォンで利用されているiOSやAndroid上で動作するアプリを開発するためには、それぞれの環境においてデベロップメントが簡単に実現できるものが必要となっていたのが実態です。

最近ではその環境に適合するために様々なフレームワークが登場していますが、その中でもおすすめのツールが2つあります。1つはReact Nativeで、これはFacebookが開発したオープンソースのものとなっており、iOSやAndroid上で動作する高度なアプリケーションを作成できるものとなっているのが特徴です。従来の方法で使用されたネイティブコードを独自の方式でラッピングすることにより、様々なOSに適合することができるようになっているのがポイントであるため、現在スマートフォンで問題となる2つのOSに適合するためのデベロップメントが非常に容易になると言う特徴を持っています。React Nativeは実際にFacebookでも使用されており、非常に効果的に動作する実績を持っているのもポイントです。

Xamarinは様々な言語に適応することができるクロスプラットフォームであることが特徴となっており、AndroidやiOSのスマートフォンOSのほか、Microsoft WindowsやLinux上でも動作可能なアプリケーションを作成することができるのが特徴です。これらのOSに対応するために既存の環境で作成したものをラッピングすることができる仕組みとなっているため、既存の環境の使用経験のある技術者であれば簡単に利用することができるのもポイントです。そのため効率的なデベロップメントが可能となり、その工程を大幅に短縮することができることが特徴となっています。