日頃のムダ毛処理にはカミソリより電気シェーバーがおすすめ!

カミソリと電気シェーバー

日々のムダ毛処理は「簡単ですぐ終わる」かが大事ですよね。手軽さでいうとカミソリ派の人が多いかもしれませんが、おすすめは電気シェーバーです。
女性にとってムダ毛処理はめんどくさいけど避けられない、悩みごとのひとつです。悩み解消につながるかもしれない、電気シェーバーのメリットついてご紹介します。

電気シェーバー|カミソリと同じ「剃る」ムダ毛処理

肌に優しいムダ毛処理の方法

電気シェーバーは、カミソリと同じく「剃る」ことでムダ毛処理をする方法です。
カミソリと違うのは、肌に刃が直接あたらないような構造になっていることです。その分肌あたりが優しく、他の自己処理方法に比べて痛みや肌荒れのリスクが少ないといわれています。

ムダ毛処理の効果|シェーバーとカミソリを比較

毛質や太さにとらわれずムダ毛処理がらくらく完了

ただでさえ面倒なムダ毛処理は、簡単に終わらせたいと多くの人が思うもの。カミソリも電気シェーバーも、それぞれ毛の質や太さを気にせずムダ毛処理ができるのはメリットです。
特に電気シェーバーはスイッチひとつで簡単にムダ毛処理ができます。軽く押し当てて動かすだけで、短時間の間に広範囲のムダ毛を処理できます。
シェーバーによっては部位ごとに使い分けができるので、デリケートな部分のムダ毛処理もしやすいです。肌が乾いた状態で使える機器なら準備の時間もかかりません。種類によっては、メイクの上から使えるものもあって便利です。

シェーバーで脱毛の仕上がりをキレイに

多くの脱毛サロンやクリニックでも、脱毛中にムダ毛処理をするときは電気シェーバーの使用をすすめています。
カミソリより肌を傷つけにくいので、脱毛の施術にも影響を与えにくく、肌を健康に保ちやすくなるからです。事前にシェーバーを使ってムダ毛処理をしておくと、脱毛の効果もしっかり出やすくなります。結果的にキレイな仕上がりにもつながります。

肌トラブルのリスクを考えるなら電気シェーバーがベスト

自己処理の方法ではカミソリが最もポピュラーですが、最も肌への負担が少ないのは電気シェーバーだといわれています。
電気シェーバーは肌に直接刃があたらない構造になっているため、肌を傷つけるリスクが少ないからです。リスクがなければ、その分トラブルの心配もせずにすみます。
一方でカミソリは刃が直接肌にあたるので、処理後の肌は少なからずダメージを受けます。最近は二枚刃、三枚刃と高性能のカミソリもありますが、処理の方法を間違ったり体調が悪いと肌荒れにつながりやすいです。特に逆剃りは肌へのダメージが大きく、乾燥を引き起しやすいので避けましょう。
肌のことを考えれば、電気シェーバーでのムダ毛処理はベストといえます。

炎症のリスクはムダ毛処理にとってデメリット

カミソリによる肌トラブルは、ひどくなると「カミソリ負け」と呼ばれる炎症や、埋没毛、黒ずみなどへ発展するリスクもあります。炎症はひどくなると雑菌が入って毛嚢炎という炎症を起こすこともあります。埋没毛は皮膚の内側で毛が成長することです。一度埋没毛になると、肌の表面に毛が出てくるまで改善できません。
何より、カミソリはムダ毛をカットするだけなので、ムダ毛処理をしたあと毛の断面の面積が広がり、伸びてくると余計にムダ毛が目立つこともあります。

手に入りやすいカミソリ、コスパのいいシェーバー

金額面で考えると、カミソリはどこでも安価で手に入りやすく便利です。ただ、カミソリは消耗品ですが、電気シェーバーはメンテナンスをすれば長く使えるます。長期的なコスパで考えると電気シェーバーのほうがいい場合もあります。

カミソリのムダ毛処理から乗り換え!シェーバーの選び方

女性用の電気シェーバーを選ぶ

一口に電気シェーバーといっても、さまざまな種類があります。シェーバーは男性用もありますが、購入するときは女性用を選ぶようにしましょう。男性用シェーバーはひげ剃りに使うものが多く、体のムダ毛処理に使うには剃り残しが起こりやすいからです。

電気シェーバーの大きさや使い勝手をチェック

電気シェーバーはカミソリと違い、顔用、ボディ用、デリケートゾーン用など、使用する部位に合わせてシェーバーも異なることが多いです。シェーバーの種類によって、一台で全身に対応できるシェーバーもあれば、部位に合わせてアタッチメントを交換して使うものもあります。津自分にとって処理することが多い部位や、使い勝手がいいものを選ぶといいでしょう。
大きさについても、最近はコンパクトなものが登場しています。いつでもどこでも使えるよう、携帯用サイズを購入するのもひとつです。

機能面なら防水つきシェーバーがおすすめ

最近はシェーバーの機能面も充実しています。おすすめの機能は防水です。お風呂で使えますし、水洗いできるので衛生的です。丸洗いできれば、ムダ毛処理によるトラブルをより抑える効果が期待できます。
ほかにも、充電バッテリー式や乾電池で作動するものなど、シェーバーの種類によって電源の方式も異なります。自宅で使うならバッテリー式が便利ですが、出先でも使うなら乾電池式のほうが使いやすいです。

カミソリとは異なる!シェーバーでムダ毛処理するコツ

電気シェーバーは肌に垂直に当て逆剃りが基本

シェーバーでムダ毛処理するときのコツは、シェーバーを垂直にあて、軽く押すようにして動かすことです。ただし、あくまで軽く押すにとどめましょう。あまり強く押さえつけるのも逆効果になりやすいです。
シェーバーは逆剃りするのが基本です。カミソリの場合とは違うので頭に入れておきましょう。

ムダ毛処理の頻度は2~3日ごとが効果的

カミソリと違って刃が肌に当たらないシェーバーは、その分浅剃りになります。残った毛の断面が気になることや、次のムダ毛が気になるまでの期間も短めなので、2~3日に1回のペースで定期的な処理をするのが基本です。
人によっては剃り跡が気に入らないと感じることもあるようですが、毎日のムダ毛処理は肌への負担が大きいので避けましょう。

ムダ毛処理前後は肌をいたわるのも忘れずに

電気シェーバーは何も塗らずにシェービングできることが多いですが、肌への負担が気になるときは、ジェルやシェービングローションなどを塗ってから処理するのもおすすめです。ベビーパウダーを使うのも、肌がサラサラして滑りがよくなりやすいです。
ムダ毛処理が終わったあとは、シェーバーでも乾燥しやすい状態になっています。基本は何もしなくてかまいませんが、できれば保湿をするほうがベターです。

定期的に電気シェーバーのメンテナンスは必要

電気シェーバーの刃はカミソリと同じく、定期的に交換が必要です。交換する頻度はメーカーによって異なりますが、大体1~2年が目安といわれています。
手入れをせずに使うとシェーバーの寿命自体が短くなったり、雑菌の繁殖で肌トラブルの原因になることがあります。刃の交換以外にも、毎回専用ブラシで処理したムダ毛を取り除いたり、水洗いするなどして清潔に保ちましょう。

カミソリより低リスク。ムダ毛処理は電気シェーバーを

面倒な日々のムダ毛処理も解決!肌の健康も保ちやすい

自宅でのムダ毛処理は女性の毎日について回る問題です。手軽さでいえばカミソリ、と思うかもしれませんが、肌トラブルのリスクを考えると電気シェーバーがベストです。一度購入すればカミソリくらい簡単にムダ毛処理ができます。脱毛を考えている人や、今通っているという人なら、なおさら肌への負担が少ないシェーバーがおすすめです。肌を健康に保ちやすく、脱毛の仕上がりをよりキレイにするのに役立ちます。
さまざまな種類が登場している電気シェーバー。自分に合った機種を見つけて、日々のお手入れを簡単にすませちゃいましょう。