妊娠中は脱毛できない!妊婦が脱毛を受けられない理由

妊婦の脱毛について

妊娠中、美容クリニックやエステサロンで脱毛を受けることができないって、ご存知でしたか?
妊娠中に脱毛サロンに通おうとして断られてしまったり、脱毛中に妊娠して中断することになった、という人も多いのではないでしょうか。

脱毛が受けられないということは、女性にとって一大事。
妊娠中は足や腕の他、特に乳首やお腹周りの産毛が濃くなるという人が多く、中にはお腹の毛並みが渦を巻くほどの人も。妊娠中に産毛が濃くなるというのは、決して珍しいことではないのです。

その原因は、妊娠中に特有のプロゲステロンというホルモンが活発に分泌されることによって毛周期が乱れるため、と言われています。
このことによって、妊娠中は通常よりもムダ毛が気になりやすい時期であると言えるでしょう。それならば尚更、脱毛を受けたくなるところですが、できない理由が5つあります。

妊娠中は脱毛を受けられない!5つの理由

妊娠中は、肌トラブルが起きやすい。

妊娠中は、ホルモンバランスが大きく変化しているため、肌がとても敏感になっています。そのため、ちょっとした刺激にも、肌が過敏に反応してしまいます。脱毛の施術には多くの場合、刺激が伴うので、肌トラブルを招きやすいのです。

脱毛中のトラブルに十分対処できない。

妊娠中は、使用できる薬が制限されるため、脱毛中にもし肌トラブルや体調不良などが起きてしまった場合、十分に対処を行うことができません。
起こりやすいトラブルに対して対処ができないわけですから、もしもの時のリスクを考えれば、これが脱毛を受けられない最大の理由とも言えるかもしれません。

妊娠中のストレスになる。

妊娠中の女性の体は、お腹の中で赤ちゃんを育てるために、様々な変化をしています。
眠くなったり吐き気がしたり、肌が荒れたり、メンタルが不安定になりやすいのも、その一貫。
そんな時期に、長時間同じ体勢をキープしたり、痛みや薬品の臭いなどで刺激を受けたりすれば、大きなストレスを受ける可能性が高く、お腹の赤ちゃんの成育に悪影響を及ぼしかねません。

脱毛中に陣痛を誘発することも!?

施術時に感じる痛みが子宮の伸縮を引き起こして、陣痛を誘発してしまう危険性が指摘されています。
妊娠中は、安静が第一。 もしサロンで陣痛が始まったとしたら…と考えれば、無理な脱毛は避けたいものですね。

妊娠中は脱毛の効果が出にくい。

そもそも、妊娠中に脱毛サロンに通ったとしても、脱毛効果はほとんど得られません。
妊娠中はホルモンバランスの変化による毛周期が乱れから、せっかく脱毛した部位にますます濃い産毛が生えてしまうことも多いと言われています。これではまったく逆効果。
脱毛の効果を着実に得たいなら、ホルモンバランスが元に戻り、毛周期が整った状態で脱毛を受けるべきでしょう。

脱毛通院中に妊娠がわかった場合、赤ちゃんへの影響は?

脱毛に通っている期間に妊娠がわかったとしたら、どうなるのでしょうか?
赤ちゃんに悪影響があるのでは?と心配される人もいるでしょう。
ですが、ひとまずご安心ください。脱毛の際に使用されるレーザーや光が届くのは皮膚のごく表面。子宮付近まで到達することはないため、赤ちゃんへの影響はないとされています。
とは言え、脱毛を継続することはできませんから、まずは通っているサロンへ早めに相談しましょう。

妊娠中も安心!脱毛サロンの休会制度

もし脱毛サロンに通っている期間中に妊娠したら…?

①休会制度がある場合

脱毛サロンには、休会制度がある場合と、そうでない場合があります。休会制度があるなら、まずは相談。その後、休会の手続きを踏むことになるでしょう。
休会できるとしても、無制限に契約期間が延長できる場合と、期限が決められている場合があるので、あらかじめ把握しておきましょう。
またサロンによっては休会手数料がかかる場合もあるので、ご確認を。

②休会制度がない場合

通っているサロンに休会制度がなかった場合も、妊娠中であれば、いぜれにせよ中断しなければなりませんから、まずは連絡を。やむなく退会となる場合もあるでしょう。
途中で退会することになったとしても、返金されるかどうかはサロンごとに異なり、解約手数料が必要な場合もあります。その点もまずは確認してみましょう。

③これから脱毛サロンを選ぶなら…

これから脱毛サロンに通う予定があって、なおかつ期間中に妊娠の可能性のある方は、休会制度を比較してサロンを選ぶのがオススメです。
キャンペーンや割引対象の契約の場合は休会制度が適用されないことが多いため、注意が必要です。
休会期限は十分か? 休会手数料はどのくらい? さらに妊娠中だけでなく、出産後にも通いやすいサロンであれば、なお安心ですね。

妊娠中に脱毛サロンを休会。再開できるのはいつ?

脱毛を受けられないのは妊娠中だけ、と思っていませんでしたか?
実は、妊娠中だけでなく、授乳期間中も脱毛を受けることはできません。
サロンによって少しずつ異なりますが、多くの脱毛サロンでは、再開時期は母乳が止まった後と定めています。詳しい時期は、休会時に確認しておきましょう。
ただ、もし卒乳直後に再開したとしても、ホルモンバランスが整っていなければ脱毛効果も薄れると言われます。月経が戻り、しっかり体調が整ってから再開するのがよいでしょう。

妊娠中の脱毛はできないけど…自宅で行うムダ毛処理方法

妊娠中、脱毛サロンに通えないとはいえ…普段より濃くなったムダ毛、やっぱり気になりますよね。そんなときは、自宅で無理なくムダ毛処理を行いましょう。

妊娠中にムダ毛処理をするなら、電気シェーバーがオススメ。

妊娠中は肌が敏感なため、家庭用脱毛器や毛抜き、カミソリや除毛クリーム、ワックスといった刺激の強い方法はなるべく避け、肌への負担がかかりにくい処理方法を選びましょう。電気シェーバーは、カミソリとは異なり、肌表面を直接削らずに優しくムダ毛を剃ってくれます。ただ、刃が劣化したものや深剃りを追求した電気シェーバーの場合、肌のダメージになりやすいのでご注意ください。

アンダーヘアの処理はやらない方が無難。

産婦人科の内診の際に他人に見せる部分のムダ毛は、お手入れしておきたくなりますよね。
ですが、普段アンダーヘアの処理を習慣にされている方でも、妊娠期間中の処理はしない、という人が多いようです。もちろん便宜上も処理の必要はありませんし、特にデリケートな部位ですから、妊娠中のお手入れは中止しておくのがベターでしょう。

処理後のケアが大切。

自分でムダ毛を処理した場合は、最後にしっかり肌を保護することを忘れずに。
妊娠中の肌に適したクリームや乳液を使って、やさしく行いましょう。

赤みやかゆみが残ったら、皮膚科に相談。

もし肌荒れやニキビのある状態なら、無理にムダ毛処理を行わないことが大切です。
ムダ毛の処理後、もし赤み、かゆみが残ったら、放置せず、皮膚科に相談しましょう。
その際、医師に必ず妊娠中であることを伝えてくださいね。

妊娠中~脱毛の再開時期までは、あっという間!

脱毛は気にしすぎず、まずは出産に専念を

妊娠中に産毛が濃くなるのは、ごく普通のこと。 産毛がどんなに濃くなろうと、出産後、一定の時期が過ぎれば元に戻るので、心配はいりません。
お腹周りなどは、産婦人科の検診の際に看護師や先生に見てもらう部分なので、多少恥ずかしく感じる妊婦さんも多いかもしれません。ですが、産婦人科の先生方も毎日見慣れていますから、あまり気にしすぎないようにしましょう。
妊娠中に起こる体の変化は、人生の中でも貴重な体験です。妊娠、出産、育児と慌ただしい日々が続けば、脱毛の再開時期もあっという間に訪れることでしょう。