ムダ毛の多さは遺伝が原因?毛深さと遺伝の関係性

毛深いお父さんに抱っこされる赤ちゃん

ムダ毛の多さは遺伝が原因だった?

近年の研究で、人の毛深さの主な原因は遺伝であるということがわかっています。
両親ともに毛深い場合はもちろん、両親のどちらかが毛深い場合も、子供に遺伝する確率が高いようです。

しかし、毛深い両親の子供は必ず毛深くなるかというと、そうとは限りませんし、ムダ毛の薄い両親の子供が毛深いということもあります。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?
ここでは、ムダ毛の多さと遺伝の関係性についてご紹介していきます。

ムダ毛の隔世遺伝について

両親のどちらかが毛深い場合、遺伝と言われても納得しやすいと思いますが、「両親ともムダ毛はほとんど生えていないのに、自分だけムダ毛が濃い」という人はなかなか納得できないかもしれません。
その場合、 隔世遺伝である可能性があります。
隔世遺伝とは、親の世代から遺伝せず、祖父母やそれ以前の世代から遺伝するというもの。
つまり、両親ではなく祖先の毛深さが遺伝している可能性があるのです。

あなたのムダ毛は遺伝?その見分け方

『ムダ毛が濃い主な原因は、遺伝である』とはいっても、あなたのムダ毛の原因が遺伝であるかどうかはまだわかりません。

遺伝が原因なのか、それとも遺伝以外の原因があるのかは、ある程度見分けることができます。
原因が違えば対処法も異なるので、自分に合ったムダ毛対策を知るために、まずは毛深さの原因を探ってみましょう。

幼少期からムダ毛が濃かった場合

小学生の頃から腕や足などに濃いムダ毛が生えていたとしたら、それは遺伝である可能性が高いと言えます。

胎毛はムダ毛の多さと無関係

ただし、新生児の頃の産毛は別です。
生まれたばかりの赤ちゃんには、体毛が全身にふさふさと生えています。
これは胎毛といって、胎児の頃から生えている胎児特有の産毛。
赤ちゃんのデリケートな肌を保護する働きを持っています。

胎毛は一般的なムダ毛とは違って、成長にともなって徐々に薄くなります。
3歳頃までには落ち着くので、特に心配は要りません。
胎毛の多さが成長した後の毛深さに影響するということもないようです。

ある時期からムダ毛が濃くなった場合

幼少期には毛深くなかった人が、ある時期から徐々に毛深くなったという場合、遺伝が原因とは考えにくいでしょう。
このような場合には、ホルモンバランスが影響している可能性があります。
ホルモンバランスは、遺伝と並んで、毛深さのもう一つの原因と考えられています。

このように、幼少の頃からムダ毛が多かったか、それとも後天的に毛深くなったかによって、遺伝が原因かどうかのおおよその検討がつきます。
もし遺伝ではなく、ホルモンバランスの乱れが原因だとしたら、ホルモンバランスを改善することでムダ毛に対処することができます。

遺伝が原因の人のムダ毛対策

胎児の頃から大人になるまで、毛穴の数は増減しないと言われています。
つまり、毛穴と同じく毛量も増減しないということ。
遺伝的にムダ毛が濃いなら、生えてきた毛に対して対処するしかありません。

ムダ毛を処理するには、カミソリや電気シェーバー、脱毛など様々な方法がありますが、ムダ毛を根本的に処理したいなら、サロンやクリニックの脱毛がおすすめです。
カミソリや電気シェーバーなどの場合、ムダ毛処理を定期的に繰り返す必要があり、肌を傷める原因になります。
また、どんなに綺麗に処理しても、効果は一時的で、ムダ毛が薄くなることはありません。
脱毛なら、繰り返すほどムダ毛が減少し、お手入れの時間や手間も徐々に減っていきます。

毛深い人は脱毛の効果が高い

嬉しいことに、脱毛は、ムダ毛が濃いほど高い効果が得られます。
サロンやクリニックで行う脱毛は、毛のメラニン色素に反応して毛根にダメージを与える仕組みのため、薄い毛より濃い毛の方が脱毛効果を得やすいのです。

ムダ毛の濃さが子供に遺伝したらどうする?

自分が毛深い場合、子供に遺伝してしまうのではないかと心配される方も多いようです。
毛量に限らず、生え方や毛の太さなども遺伝すると言われていますが、どのくらいの確率で遺伝するのかといった詳しい仕組みはいまだに解明されておらず、遺伝を防ぐ対策などもありません。

子供がムダ毛を気にし始めるのは、小学校の水泳の授業がきっかけになることが多いと言われます。
気にしているようであれば、できるだけ肌への負担が少ない方法で、ムダ毛を気にならなくする対処を行うとよいでしょう。
ただし、子供の肌はとてもデリケートなので、十分に注意しなければなりません。

子供のムダ毛対策①抑毛ローション

即効性はありませんが、抑毛効果のあるローションを使うのが一番肌にやさしい方法と言えます。
継続して使用することで徐々にムダ毛が薄くなります。
美容成分が含まれているものが多く肌にも良いため、他のムダ毛対策と併用するのもおすすめです。

子供のムダ毛対策②電気シェーバー

電気シェーバーは、カミソリなどと比べると、肌への負担が少ないムダ毛処理方法です。
ただし、根本まで綺麗に処理できるわけではないので、ムダ毛がすぐに目立ってきてしまうというデメリットがあります。
水泳や体育の授業の前日に使用するなど、使用するタイミングに気を配るとよいでしょう。

子供のムダ毛対策③家庭用脱毛器

コストはかかりますが、継続するほどムダ毛が薄くなり、ムダ毛処理の負担が徐々に軽くなる方法です。
便利な方法ですが、使い方を誤ると、火傷の恐れもあるので注意が必要です。
即効性はないため、電気シェーバーなどとの併用がおすすめです。

子供のムダ毛対策④除毛パッド

肌の上でくるくると擦るだけで除毛できるのが、除毛パッド。
とても簡単で、刃物も使わないので、子供のセルフケアに向いています。
肌が乾燥する可能性があるので、使用後は保湿ケアを行いましょう。

子供のムダ毛対策⑤脱毛サロン

多くの脱毛サロンでは7歳から脱毛を受けることができます。
最近では子供の肌にも優しく、痛みのない脱毛を行っている脱毛サロンもあるようですが、子供の肌はまだデリケートなため、ある程度成長してから行う方が安心です。
また、思春期の子供はホルモンバランスが安定していないため、ムダ毛が濃くなりやすい時期でもあります。
この時期に脱毛を受けても、後で再び生えてくる可能性も高いと言われており、あまりおすすめできません。

しかし、他の方法で効果を感じにくい場合や、誤った自己処理で肌を傷付けてしまう場合は、脱毛サロンや医療脱毛クリニックの脱毛を検討してみるのもよいでしょう。
迷われている方は、キッズ脱毛を展開している脱毛サロンなどで相談してみることをおすすめします。

遺伝が原因なら脱毛がおすすめ

ホルモンバランスが原因で毛が濃くなっているなら、それは一時的なもの。
食生活や生活習慣などを改善することで、ムダ毛の悩みは解決できます。
でも遺伝が原因で毛が濃いのなら、剃毛や脱毛などのムダ毛対策を行うしかないでしょう。

ムダ毛の悩みを根本的に解決したいなら、脱毛サロンや医療脱毛クリニックの脱毛がおすすめです。
サロンやクリニックでは、生まれつき毛が濃い人ほど効果的に脱毛することができます。
まだ体験したことがない方は、お試しキャンペーンなどで一度、効果を実感してみてはいかがでしょうか?

遺伝によるムダ毛を相談しやすい医療脱毛クリニック

  • フェミークリニック

    ムダ毛の多さは遺伝が原因?毛深さと遺伝の関係性

    総合評価

    • 1
    • 1
    • 1
    • 0.5
    • 0

    3.13

    口コミ 5件
    • 無料
      カウンセ
      リング
    • カード
      払い
    • 月額制
    • 都度
      払い
    • 分割
      払い
    • 永久
      脱毛
    公式サイトはこちら
  • アリシアクリニック

    ムダ毛の多さは遺伝が原因?毛深さと遺伝の関係性

    総合評価

    • 1
    • 1
    • 1
    • 0.5
    • 0

    3.61

    口コミ 4件
    • 無料
      カウンセ
      リング
    • カード
      払い
    • 月額制
    • 都度
      払い
    • 分割
      払い
    • 永久
      脱毛
    公式サイトはこちら
  • リゼクリニック

    ムダ毛の多さは遺伝が原因?毛深さと遺伝の関係性

    総合評価

    • 1
    • 1
    • 1
    • 0.5
    • 0

    3.68

    口コミ 5件
    • 無料
      カウンセ
      リング
    • カード
      払い
    • 月額制
    • 都度
      払い
    • 分割
      払い
    • 永久
      脱毛
    公式サイトはこちら