月額制と分割ローンの違い|毎月の脱毛料金 金額が同じでも大違い!

しかめっ面の女性

脱毛料金でちらほら見かける「月額制」。実際は「分割ローン」の場合もあることをご存じでしょうか?どちらも毎月決まった金額を支払うのは同じですが、総合的に見ると大きな違いが生まれます。今回は月額制と、月額制という名の月額払いの分割ローンの違いをご紹介します。

脱毛の月額制と分割ローン、料金システムの違い

毎月の脱毛料金は似ているようで大違い

私たちが思い描く「月額制」は、例えるならフィットネスや、ヨガに通うのと同じで、毎月決まった金額を支払えばサービスが受けられる、というものではないでしょうか。ですが、実際には「月額」と書かれていても、実は分割ローンを毎月支払う、という意味の月額制もあります。月々支払う金額は似たようなものでも、両者はまったく異なるシステムを持っています。

「月額制」脱毛なら回数無制限、いつでもやめられる

イメージ通りの「月額制」のシステムは、回数の制限がないことが特徴です。だから、毎月決まった金額を支払えば脱毛が受けられるので、納得いくまでとことん脱毛することができます。反対に、効果に満足できないときは、いつでもやめられることができるのも、特徴の一つです。

「分割ローン」脱毛はあらかじめ回数を設定する

分割ローンも、毎月決まった金額を支払いますが、大きく違うのは、分割ローンではあらかじめ回数を設定するところです。まず自分で「何回脱毛するか」を決めます。そして次に「何回で支払いを終えるか」という分割払いの回数を決めます。つまり、全体にかかる費用(総額)を、1カ月分ごとに割って支払うというシステムです。分割ですので、サロンによっては毎月の料金に金利手数料がかかる場合もあります。

「分割ローン」脱毛だとセットプランの方が安くなることも

脱毛料金を、「分割ローン」して支払うタイプの月額制の場合は意外と多いです。分割ローンタイプだと、トータルで考えた場合、手数料負担などの面で、セットプランにした方が安くなることもあります。サロンによっては、セットプランを勧められることもあります。

脱毛料金の月額制と分割ローン、それぞれのメリット・デメリット

料金的な面だけでない向き不向きもあるかも

手数料などがかからない分、料金面でいえば、月額制の方が良さそうに思えるかもしれません。どちらがいいかについては、向き不向きもあるようです。

月額制料金プランの場合

月額制の場合、次のようなメリットとデメリットが考えられます。

メリット
  • 毎月定額を支払えばいいので大きなお金は不要
  • 回数の設定が不要で納得するまで続けられる
  • 手軽に始められ、やめたいときやめられる
  • 月々の手数料や解約手数料が不要
デメリット
  • 脱毛しない月も支払い義務があることがある
  • 予約をキャンセルした場合、1回分消化される

このように、気軽な反面、通えない月があると、ムダ金になってしまうことが月額制のデメリットです。

分割ローンプランの場合

対する分割ローンのメリットとデメリットには次のようなことが挙げられます。

メリット
  • 最初に脱毛回数を設定するので、自分で支払いの限界を決められる
  • 回数を設定することで、その分の回数は施術が受けられることになる
  • 自分のペースで施術が受けやすい
  • 金利手数料をサロンが負担してくれれば、ほぼ「月額制」料金と同じ
デメリット
  • サロンによっては、月々支払う際に分割手数料の負担が必要
  • あらかじめ回数分の契約をするので、途中解約をしたい場合手数料が必要になりやすい
  • 最初に支払う負担金が大きくなりやすい

分割払いの場合、施術を受けるサロンが、月々の分割手数料を負担してくれるかどうかで、トータルの出費が大きく変わります。利用者負担の場合だと、利息だけでかなりの高額になるケースもあるからです。毎月の支払いは10,000円前後になることが多いですが、手数料だけで考えると、他で施術が受けられた分の金額になるケースも考えられます。

あらかじめ回数を設定する月額制は、キャンセルによって1回分が無駄になることはないものの、解約したい場合に手数料がかかるのもデメリットです。

月額制、分割ローンに向いている人とは

どちらの脱毛料金プランにも、向き不向きがあります。月額制の場合は、キャンセルすると1回分消化されてしまうので、忙しい人よりも時間的余裕があるタイプの人の方がおすすめです。手軽に始められてやめられるので、「ちょっと脱毛を試してみたいな」という人や「ここだけあと何回か仕上げをしたい」という人が行うのにも適しています。

対する分割ローンタイプの料金プランの場合は、自分で施術回数と支払回数を決められるので、自分のペースで施術を受けたいという人には向いています。時間的余裕があまりなく、忙しいという人はこちらを選択した方が、無理なく通える可能性が高いです。

月額制を取っている料金制の脱毛サロン、分割ローンタイプのサロンとは

多くの場合は分割ローンタイプ

脱毛サロンで、「月額」料金プランを打ち出しているところでは、分割ローンのタイプであることが多いです。そこで、大手サロンではどちらのタイプの月額制なのかを調べてみました。

月額制の脱毛サロン

  • 脱毛ラボ
  • キレイモ

調べた限りでは、私たちがイメージする月額制の脱毛料金プランなのは、脱毛ラボとキレイモでした。

脱毛ラボでは月々1,990円(税抜)で、1か月に4カ所ずつ、全身48カ所を1年かけて施術できる料金プランになっています。

キレイモの場合は、全身33カ所を月額9,500円(税抜)で脱毛することができます。

分割ローンでサロン側が金利手数料負担してくれるサロン

実際は分割ローンでも、月々の金利手数料をサロン側が負担してくれる脱毛サロンは次の通りです。

  • 銀座カラー
  • シースリー

銀座カラーの場合は、「新・全身脱毛コース」だと、通常の総額295,000円(税抜)を月々9,800円ずつから支払うことで、全身22カ所の脱毛に、1年間で最大8回通うことができます。しかも初月と2か月目は0円です。さらに今ならキャンペーンで、総額197,650円(税抜)を月々6,800円ずつから支払うことでも施術が受けられます。ただしキャンペーンプランだと、回数は1年間で最大6回までになります。

シースリーの場合は、総額382,400円(税込)を、月々7,500円(税抜)で支払うという料金プランです。月々7,500円は、24回払いに加え、年2回のボーナス払いをする場合のケースです。

ミュゼは分割ローンの金利手数料が自己負担

格安のイメージがあるミュゼですが、分割ローンにかかる金利手数料は自己負担です。例えば全身脱毛コースを6回契約する場合は、総額252,000円(税抜)を分割して支払うことになります。ただし、ミュゼの場合は、キャンペーンが行われていることも多いので、タイミングが合えば割引価格での申し込みができるかもしれません。

脱毛料金は「月額」の言葉に惑わされないで

意外と多い「分割ローン」タイプで負担額が変わらないよう注意しよう

「月額」と書かれた脱毛料金でも、実際は「分割ローン」を言い換えているだけ、というケースは多く見られます。申し込みをする際は、「月額」の言葉に惑わされず、内容を読み込むことが大切です。

分割ローンも、忙しい人や回数分きっちり通いたい人には適していますが、サロンによっては分割の金利手数料を自己負担しなければならないこともあるからです。下手をすると手数料だけで、結構な高額になる可能性もあります。ちなみに、医療脱毛の場合は多くがこの分割ローンタイプです。

サロンによっては、私たちのイメージする月額制のシステムが取られています。分割ローンでも、手数料を負担してくれるところであれば、ほぼ月額制に近い料金で施術が受けられる可能性はありますが、解約する際の手数料は必要になるので、気軽さは失われるかもしれません。

それぞれメリット・デメリットはありますが、自分に合っている方はどちらかということと、その施術先が、希望する月額制プランなのかどうかは、きっちりと見極めましょう。それが、余分な負担を減らす、方法の一つになるはずです。