ムダ毛処理の<一番いい方法>~正しい処理方法を知ろう

ムダ毛処理の方法

ムダ毛の処理方法は人それぞれ違うと思いますが、ってどれなんでしょうか。調べてみると、どの方法にもメリット・デメリットがあるようです。今回は、自己処理と脱毛の観点から正しい処理方法とともに一番いいムダ毛処理の方法について考えてみました。

ムダ毛の自己処理で一番いい方法とは

手軽さなら自己処理、されど危険はつきもの

ムダ毛処理をする手段として、まずは自己処理か脱毛かという選択肢があります。自己処理の場合はカミソリや毛抜きを使い、手軽にできるのがメリットです。ただし、その分炎症や出血などといった肌トラブルが起こりやすいのも自己処理の特徴です。そのためなるべく肌への負担が少ない方法を選ぶことがポイントとなりそうです。

自己処理ならシェーバー、その正しい使い方とは

もし自己処理をするのであれば、電気シェーバーの使用が一番いい方法と考えられます。深剃りができない、というデメリットはありますが、この方法が一番肌に負担が少なく優しいと言われています。もし脱毛に通うことになっても、事前処理はシェーバーで、と言われることが多いのもこのためです。

使用する際は、毛の流れに逆らわないよう注意しましょう。逆剃りはきれいに処理できる反面、肌への負担も大きくなるためです。また、何度も同じ部分を剃ったり、強くこすりつけるようにして剃るのもよくありません。いくらシェーバーが肌に優しいといっても、間違った使い方をすると炎症を起こしたり、刺激になることがあります。

カミソリや毛抜きはNG

一般的に自己処理というと、次のような方法を選ばれることが多いのではないでしょうか。

  • カミソリ
  • 毛抜き
  • 除毛クリーム、ローション
  • 脱毛ワックス
  • ヒートカッター

どの方法もスーパーやドラッグストアなど、比較的市販で手に入りやすいものばかりです。ただ、自己処理の場合、「毛の根本部分」にダメージを与えることができないのが大きなデメリットです。そのため、「今目に見えている毛」しか処理できない上に、肌表面を傷つけやすくなります。特にカミソリは肌を削りやすく、出血のリスクがあります。

また、毛抜きや脱毛ワックスの場合は毛穴が開きっぱなしになって、そこから雑菌が入りやすくなります。その他、除毛クリームは肌の弱い人だと炎症を起こすことがありますし、ヒートカッターはヤケドに注意しなければなりません。こうしたリスクがあるので、基本的に自己処理はおすすめできない、と言われることが多いです。

自己処理後は清潔に

処理をしたあとは、使用した器具を水洗いするなどして清潔に保つことも大切です。自分で処理するとなると、そうした後片付けまできちんとすることも大切です。

何度もムダ毛処理するのが面倒なら「脱毛」

手軽さを求めるなら家庭用脱毛器

電気シェーバーなどで「剃る」だけの自己処理だと、数日おきにお手入れしなければなりません。「それならいっそムダ毛がない状態、脱毛したい」と考えられる方もいるのではないでしょうか。とはいえ、「あんまりお金をかけたくない・・・」、「自宅でいつでも好きなときに脱毛したい」という人もいるかもしれません。そこで、そんな人には家庭用脱毛器を使用するという選択肢があります。最近では意外とお手頃価格で販売されていることもあります。その正しい使い方、注意点は次の通りです。

取扱説明書をよく読み、使用頻度を守る

家庭用、といっても脱毛器は脱毛器です。だから使用する際はまず、取扱説明書を十分読むことが大切です。特に気を付けたいのが使用頻度です。自己処理と同じくらい手軽なイメージがありますが、一般的に一度照射したあとは2週間から1か月程度期間を空けなければなりません。

また、ほくろなどの部分にはばんそうこうを貼るなどして、直接照射光が当たらないようにすることもポイントです。これはヤケドのリスクを減らすためです。同様に、傷やタトゥーがある部分も照射しないよう注意しましょう。さらに、どんなに脱毛の威力を上げたいからといって、適正値を無視して出力を上げないことも重要です。必要以上の照射レベルにすることも、ヤケドのリスクを高めます。

使用前後は脱毛する部分を冷やすこと

脱毛に行くと、その部分に冷却ジェルが塗られるなど、冷やされるように、家庭で行う場合も使用前はその部位を十分冷やしておくことが大切です。保冷剤が一般的ですが、ヒザ下など、広範囲を脱毛する場合は、氷水に浸したタオルを絞って代用しても構いません。そして、忘れてはいけないのが脱毛後も冷やすことです。しっかりクールダウンして、肌を守ってあげましょう。

確実なムダ毛処理は脱毛

プロに任せられる、サロンやクリニックでの脱毛

ムダ毛処理の問題を根本からなくすのであれば、脱毛は有効な手段です。家庭用脱毛器でも効果はある程度得られますが、確実にムダ毛をなくすのであれば、サロンやクリニックでの脱毛がおすすめです。

手軽さならサロン脱毛

豊富な体験キャンペーンや格安料金のうちだしなど、手軽さでいえばサロンでの脱毛の方が有利です。キャンペーン次第では、数百円で脱毛し放題、ということもあります。「とりあえず脱毛がどんなものか知りたい」という人には、格安で試せるチャンスがあります。また、「痛みが不安」という場合にも、サロンで採用されている光脱毛は、比較的痛みを感じにくいと言われているので、施術が受けやすい傾向にあります。

高い効果を期待するならクリニックでレーザー脱毛

「とにかくもう、お金を出してでもムダ毛に悩みたくない」と言う人には、クリニックでのレーザー脱毛がおすすめです。コスト的には体験キャンペーンなどが少ない分、サロンより高く感じる可能性がありますが、その分効果を実感できるのが早い、と言われています。さらに、少ない回数で効果の持続時間も長いのが特徴です。トータルで考えると、サロン脱毛より安くあがる場合もあります。

ただし、脱毛する部位によっては痛みを感じやすいです。そのため、クリニックごとに使われるマシンや、施術のスタイルをよく検討し、自分に合うところを選ぶことが大切です。

しっかり保湿することが大切

これは電動シェーバーなどの自己処理にしろ、脱毛にしろ言えることですが、どの場合も保湿はしっかり行うことがポイントです。特に脱毛の場合、保湿をしっかりして肌の水分量を保つことで、脱毛の精度をあげることもできます。また、施術後の肌トラブルのリスクも減らすことにつながります。反対に、日焼けは肌をどんどん乾燥させてしまうので、常に日焼け止めなどの対策をとることが大切です。

ムダ毛処理は肌への負担を減らすことが大切

どんな処理でも保湿はしっかり行うこと

ムダ毛処理の方法には、自己処理か脱毛かが考えられます。手軽さと低コストを求めれば、カミソリなどの自己処理が一番かもしれません。ただしその分肌を傷つけやすいので、リスクも大きいです。もし自己処理をするのであれば、電動シェーバーを選びましょう。正しく使えば、それが一番肌への負担が少なくすみやすいからです。

とはいえ、処理するだけではムダ毛は生えてきつづけます。数日おきにシェーバーで処理し続けるのも大変です。そこで、ムダ毛自体の悩みをなくす一番いい方法としては、自己処理よりも脱毛の方がおすすめです。

脱毛といっても、自宅で手軽に行いたい、と思う人には、家庭用脱毛器という選択肢があります。自分の好きな時間にできるという手軽さは残しつつ、処理の頻度は格段に少なくなります。サロンやクリニックでの施術と同じように、使用前後にしっかり冷やして使用方法を守って使えば、きちんとした効果が期待できます。

コスパ面でいえば、サロン脱毛も比較的手軽に始められやすいです。専門スタッフに任せられるという安心感もあります。予約をとって通わなければならないという手間は出てきますが、それ以外は器具の洗浄など面倒な手間はいらず、ある意味手軽と考えることもできます。

「もうムダ毛に悩まされたくない」と思う人はクリニックでの脱毛の方がいいかもしれません。多少料金が高くなることや、痛みを感じやすくなる可能性はありますが、少ない回数で高い脱毛効果が期待できます。何を優先するかで、同じ脱毛でも「一番いい方法」には差が出るかもしれません。それでも自己処理よりはムダ毛に悩まされる回数は減ると考えられます。

ただしどの方法を選択するとしても、正しい方法で行うことが大切です。そして、保湿と日焼け対策だけはしっかりしましょう。どれも肌への負担は少なからずかける行為なので、状態をよく保つことでトラブルのリスクを減らしやすくなります。自分に合った方法を見つけて、ムダ毛の悩みを解消しましょう。