蓄熱式脱毛(SHR式脱毛)とは~脱毛方式の特徴・メリットとデメリット、蓄熱式脱毛を選ぶべき人

脱毛施術中の女性

今回は、蓄熱式脱毛の特徴やメリット・デメリットをご紹介します。
蓄熱式脱毛をはじめ、脱毛にはいくつかの方法や種類があります。それぞれの脱毛方式によって、得られる効果が異なり、肌質に合う・合わないも出てくることがあります。

蓄熱式脱毛(SHR式脱毛)の特徴

蓄熱式脱毛はじわじわとダメージを与える方法

蓄熱式脱毛は、や毛根の周囲やバルジ領域に熱を蓄えることで、じわじわとダメージを与えて効果を生み出す脱毛方式です。SHR式脱毛とも呼ばれています。

バルジ領域とは、発毛因子を作り出す部分のことです。発毛因子は、平たく言うと「毛の種」のことです。毛の種が成長すると、私たちが普段目にするムダ毛になります。

蓄熱式脱毛方式によって、バルジ領域にダメージを与えれば、発毛因子(毛の種)がなくなり、毛に栄養もいかなくなります。最終的には毛が育ちにくくなり、ムダ毛もなくなるという効果が生まれます。

蓄熱式脱毛と一般的な脱毛との違い

蓄熱式脱毛はトラブルリスクを減らせる

先ほどご紹介した通り、蓄熱式脱毛は、毛根ではなくバルジ領域にダメージを与える脱毛方式です。
バルジ領域は、毛母細胞(毛乳頭)より浅い部分にあるので、そこまで強いパワーは必要ありません。一般的な脱毛方式より弱い力で、ムダ毛が発生するのを抑えることができるのが魅力です。

加えて、低い温度で段階的に熱を蓄えていくので、一般的な方法より痛みが少なくヤケドなど肌トラブルのリスクも少ないのが特徴です。

一方で、現在の日本では、黒い色(メラニン色素)に反応する光やレーザー光線を使って脱毛効果を生み出す方法が主流です。光脱毛やレーザー脱毛は、毛母細胞(毛乳頭)に直接照射し、ダメージを与えることで脱毛効果を生み出します。毛母細胞(毛乳頭)とは、毛根の部分の、栄養を取り込んで毛を成長させる細胞のことです。毛母細胞(毛乳頭)は肌の深い部分にあるので、効果を出すためには、ある程度の照射パワーが必要です。

蓄熱式脱毛は打ち漏れも減らしやすい

一般的な脱毛は、1ショットごとに照射を行います。ですが、蓄熱式脱毛は照射するときも、脱毛したい範囲に優しくスライドすれば、断続的に照射できるので、打ち漏れも少ないといわれています。

蓄熱式脱毛のメリット

蓄熱式脱毛は痛みが少なく、肌にも優しい

前に述べたとおり、蓄熱式脱毛は痛みが少ないことが大きなメリットです。「ほんのりあたたかみを感じる程度」といわれるほど、弱い熱で脱毛効果が生まれるので、クリニックや脱毛サロンによっては、子どもでも施術ができるといわれています。
肌の弱い人や敏感肌の人など、肌質を問わず脱毛できるチャンスが生まれます。
普通肌の人も、デリケートゾーンの脱毛を希望している場合、蓄熱式脱毛なら痛みの心配をほとんどせずに、脱毛できるかもしれません。男性もひげ脱毛を希望する人はおすすめの脱毛方式です。

蓄熱式脱毛は毛色・毛質を問わず効果が期待できる

蓄熱式脱毛方式は、発毛因子(毛の種)の状態でダメージを与えるので、メラニン色素の有無も関係なく効果を期待できます。
通常、金髪や白髪などの色素の薄い毛や産毛は、脱毛効果が生まれにくいといわれています。ですが蓄熱式脱毛なら、毛色・毛質を問わず、全身をツルツルにできる可能性があります。

蓄熱式脱毛は脱毛完了までの期間も短め

蓄熱式脱毛は、脱毛の施術ペースも通常より短くなりやすいというメリットがあります。一般的な脱毛では、毛周期に合わせて1~3ヵ月に1回のペースで脱毛します。ムダ毛が成長期の状態でないと、効果が生まれないからです。
しかし、蓄熱式脱毛はバルジ領域にダメージを与えるので、毛周期は関係ありません。発毛因子(毛の種)の状態でダメージを与えるので、全体の施術回数自体も少なくなる可能性があります。
肌の状態や脱毛する部位によっては、最短で半年もかからず脱毛完了を目指せるといわれています。

蓄熱式脱毛のデメリット

蓄熱式脱毛は施術後すぐに効果を感じづらい

蓄熱式脱毛のデメリットはほとんどありませんが、強いて言うなら、脱毛してすぐには「ムダ毛が抜けた!」と感じにくいことです。
一般的な脱毛だと、毛根にダメージを与えるので、施術後に「ポップアップ現象」が起こることがあります。ポップアップ現象とは、一部のムダ毛がするっと抜けることで、脱毛効果の実感にもつながります。ですが、蓄熱式脱毛の場合は、ムダ毛が抜け始めるのに、施術後1週間から1カ月前後かかることが多いです。効果を実感するまでに時間がかかるのは、ダメージを与えるのが、発毛因子(毛の種)の状態にある状態なので、まだ毛になっていないことが影響しています。
とはいえ、蓄熱式脱毛は、ムダ毛そのものを減らす脱毛方式です。
施術後すぐや、翌日に効果を感じることはほとんどないため、即効性は期待できませんが、最終的には満足いく仕上がりに近づけるはずです。

蓄熱式脱毛(SHR式脱毛)はどんな毛や肌でも脱毛できる可能性がある

即効性はないものの、蓄熱式脱毛はリスクが少ないのが魅力

蓄熱式脱毛は、毛になる前の「種」の状態のときに、ダメージを与える脱毛方式です。従来の脱毛方式より、低い温度の熱でダメージを与えることができるので、痛みが少なく、毛質を問わないのがメリットです。
肌が弱く敏感な人や、痛みが不安な人にとっては、脱毛にチャレンジしやすい方法といえます。白髪や金髪などの毛質にも対応できるので、さまざまな部位の脱毛にも適しているといえるでしょう。即効性は期待できないものの、メリットの多い脱毛方式です。
脱毛に不安を感じている人は、蓄熱式脱毛による脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

蓄熱式脱毛(SHR式脱毛)を採用している脱毛サロン