自己処理でザラザラぶつぶつ…デリケートなお肌の悩みも脱毛で解決

肌荒れに悩む女性

自己処理でザラザラ、ぶつぶつになる原因とは?

せっかく時間と手間をかけて自己処理をしても、いつの間にか肌がザラザラ、ぶつぶつに…。
自己処理で起こるこのような肌トラブルは、なぜ起こるのでしょうか?
まずは原因から見ていきましょう。

埋没毛(まいぼつもう)

自己処理を繰り返すほどできやすい埋没毛。埋もれ毛とも言われます。
育ってきたムダ毛が表面に出ることなく、皮膚の下で伸びてしまう現象です。
皮膚が傷つくと角質が分厚くなり、毛穴がふさがることで起こります。
ほとんどの場合は、毛抜きでの自己処理が原因。
埋没毛ができると、触った感触もぶつぶつとしており、見た目にも薄く黒っぽい毛の色が皮膚の下に透けて見えます。
つい掘り出したくなってしまいますが、いじるとますます肌がダメージを受けて悪循環を招いてしまうので要注意です。

毛嚢炎(もうのうえん)

一見するとニキビのような、赤くぶつぶつとした皮膚炎。
カミソリや毛抜きを使用した後に赤いぶつぶつができていたら、それが毛嚢炎です。
自己処理の際に毛穴が傷つくと、そこに雑菌が感染して起こります。
かゆみや痛みはほとんどありませんが、炎症が悪化すると赤く腫れて跡が残ってしまうことも。

肌が硬くなる

誤った自己処理を繰り返して肌に負担をかけると、角質層が硬く厚くなり、水分量も低下しがち。
その結果、乾燥して透明感も失われ、凸凹、ザラザラが常態化してしまうことに。さらに毛穴が目立ったり、黒ずみの原因にもなります。
見た目が悪いだけでなく、バリア機能も低下している状態なので、早めの対策が重要です。

ザラザラ・ぶつぶつを防ぐ対策とは?

自己処理によるこのような肌トラブルを起こさないためには、次のような対策が挙げられます。

生活習慣を整える

肌は本来、ターンオーバーを繰り返しながら新しい肌に生まれ変わっていきます。
このリズムが乱れると、肌の再生に時間がかかって古い角質がいつまでも残ってしまいます。
この大きな原因の1つに、睡眠不足や食生活などの生活習慣が挙げられます。
まずは、肌の回復をスムーズに行える状態に保つことが大切となります。

保湿ケア

肌の健康には、十分な保湿が欠かせません。
保湿することによって肌の水分量をアップし、炎症を抑えることができます。
ムダ毛の自己処理の後は必ず保湿を十分に行うようにしましょう。
保水力の高いセラミドやヒアルロン酸を配合した化粧品を使用するのもおすすめです。
肌の状態をよく観察し、最後には油分を含んだクリームや乳液で、水分が逃げないように蓋をすることもお忘れなく!

刺激を避ける

自己処理を重ねるほど、肌には大きな負担がかかっています。
ダメージを受けた肌には、肌本来の新陳代謝を回復させるために、自己処理の頻度を減らして定期的に自己処理しない期間をつくり、肌を休ませてあげることが最善です。
自己処理の際の刺激ももちろんですが、お風呂でゴシゴシとこすり洗いをしたり、日焼けをすることも肌へのダメージにつながります。
肌のバリア機能が低下しないように日頃から気を付けることが大切です。
なるべく刺激の少ない化粧品を選ぶことも有効です。

サロンやクリニックで脱毛する

肌トラブルは避けたくても、日に日に伸びてくるムダ毛はどうしても気になるものです。
サロンやクリニックで行う脱毛は、この問題を解決してくれます。
サロンでの脱毛中も肌トラブルの予防は欠かせませんが、脱毛が完了すれば自己処理からは解放されます。
つるつるの綺麗な肌を目指すなら、一番の近道と言えるでしょう。

ザラザラ、ぶつぶつにならない自己処理方法は?

肌ダメージは避けたいものの、自宅で手軽に処理したいなら、次のような点に気を付けましょう。

カミソリは要注意

ムダ毛処理の方法といえば、カミソリや毛抜き、除毛クリーム、脱毛ワックスなどが一般的。
どれも近所のドラッグストアなどで簡単に手に入るものばかりですが、肌の表面を削り取ったり毛穴を傷つけてしまう方法です。
中でもカミソリを使用している方が多いようですが、カミソリの使い方には注意が必要です。

カミソリの正しい使い方

毛流れに沿って剃る

毛流れに逆らって剃ることは、避けた方が無難です。
毛が引っ張られて毛穴を傷めたり、毛穴が広がる原因にもなります。
力をかけずに肌と水平方向に引っ張るようなイメージで剃ると、自然と深く剃れますよ。

こまめに交換

切れ味の悪いカミソリで剃ると、カミソリの刃の凸凹が肌を傷つけてしまいます。
月に1~2回は刃の交換するようにしましょう。
刃を清潔に保つことも大切です。

クリームやワセリンなどを使う

カミソリがスムーズに滑るように剃らなければ、肌ダメージに繋がります。
滑りを良くするために石鹸やボディソープを使う方もいますが、必要な角質まで削ってしまうのでNGです。
シェービングクリームが一般的ですが、肌に必要な油分を奪ってしまうと言われているため、クリームやワセリンなどを使用するのがおすすめです。

電気シェーバーがおすすめ

自宅で行う安価な自己処理法の中では、もっとも負担が少なく肌にやさしい方法です。
そのため、脱毛サロンなどでも事前の自己処理に使用することを推奨されています。
深剃りはできませんが、広範囲を手軽に処理できて時間もかかりません。
肌が乾いた状態でも処理することができるのも手軽です。

家庭用脱毛器

自宅に居ながらサロンやクリニックと同じ原理で脱毛処理ができる家庭用脱毛器。
効果が出るまでは他の方法と併用することになりますが、ムダ毛が生えてこなくなれば、自己処理をしなくても済むようになります。
サロンに通う時間や手間を省くことができて、好きな時間にいつでもできる上、最近では比較的手頃な値段で購入できるようになっているため、魅力的な方法と言えるでしょう。

ただし、家庭用のものは安全のためにサロンやクリニックに比べると出力が抑えられています。
このため照射回数が多く、期間も長くなるので、根気強く続けることが必須となります。
出力の弱い機種を使用すると効果も薄いため、機種選びは慎重に。
安全性が高いとは言え、火傷のリスクはあるので、取扱い説明書の内容をきちんと守って使用しましょう。

一番いい方法は、脱毛?

どのようなムダ毛処理でも一番大切なのは、肌への負担を出来る限り少なくして、保湿をしっかりと行うこと。
しかし間違った自己処理は、肌を傷つけてしまいます。
肌にとっては、余計な刺激を与えないことが一番よいのですが、自己処理ではやはり限界があります。
自己処理によるザラザラ、ぶつぶつにお悩みの方、肌がデリケートで肌ダメージを繰り返している方には、脱毛がおすすめです。

脱毛による肌への負担は?

脱毛は、皮膚の表面を削ったり物理的に傷つけることがありません。
保湿と保冷をしっかり行うことで、肌ダメージを最小限に抑えることができます。
脱毛によってムダ毛を生えなくしたり、目立たなくなるまで薄くすれば、お手入れの必要はほとんどなくなる、ということを考えれば、長い目で見ると一番肌にやさしい方法と言えるのではないでしょうか。

脱毛による金銭面の負担は?

脱毛はカミソリなどに比べて金銭的な負担が大きいイメージがあるかしれません。
しかし、カミソリの替え刃やクリームなどにかかる費用は30年で20万円以上とも言われています。
カミソリなどの自己処理にかかる手間や時間も含めて考えれば、実は脱毛の方がお得な方法と言えるのかもしれません。

安全・確実に脱毛したいなら脱毛サロン・クリニックを活用しよう!

脱毛は家庭用脱毛器を使用して自宅で行うことも可能ですが、手軽でスピーディー、安全に脱毛したいなら、サロンやクリニックを活用しましょう。