医療脱毛クリニックの効果はどこも同じ?違う?自分に合ったクリニックの選び方

考える女性

医療脱毛といえば、一般的にはレーザーを使った脱毛が主流です。そして、施術先が医療機関ということで安心感があり、効果も脱毛サロンと比較すると比較的早く感じられやすく、その持続性も高め、などのイメージがあるのではないでしょうか。とはいえ、どんな医療脱毛クリニックだろうと、得られる効果は同じかというと、どうなのでしょう。

もし同じ効果だとしても、美容院やエステ、あるいは一般の医療機関と同じように、自分に合う・合わないの差は出てくるのではないでしょうか。せっかく脱毛するのであれば、気持ちよく施術を受けたいですよね。そこで今回は、自分に合ったクリニックを選ぶための「キー」となるポイントについて調べてみました。

医療レーザー脱毛にも種類がある

メラニンに反応するレーザーを使う

脱毛の方法には、光を使った「光脱毛」や、レーザーによる「レーザー脱毛」、あるいは針状の器具を使用する「針(ニードル)脱毛」などがあります。このうち医療脱毛では、レーザー脱毛が採用されることが一般的です。調べてみると、レーザー脱毛にもいくつかの種類があるようで、それぞれの特徴も異なるようです。そこでまずは、レーザー脱毛の仕組みとともに、その違いを見ていきましょう。

医療レーザー脱毛の仕組みのおさらい

医療レーザー脱毛で使われるレーザーには、特定の色や物質に反応する性質があります。それは黒い色、つまりメラニン色素であり、それに反応するような波長のレーザーが用いられます。そうすることで、レーザーを照射したときに、その熱がムダ毛(黒くて、メラニン色素で出来たもの)に吸収されます。そして毛を作りだす組織にダメージを与え、再生能力を奪います。

発毛の中枢組織を壊すよう、何度かこの施術を繰り返すことにより、ムダ毛が生えてきづらい状態に導きます。また、脱毛自体はどんな方法でも肌が乾燥しやすい状態になるものですが、レーザーはその波長が、黒い色(メラニン)にしか反応しないよう作られているため、周辺の肌を「傷つける」という心配は少ないのも特徴として挙げられます。

レーザー脱毛にも種類がある

一口にレーザー脱毛といっても、いくつかの種類があります。現在国内の脱毛クリニックで、多く採用されている種類のレーザーには、次のような種類が代表的です。

  • ダイオードレーザー
  • アレキサンドライトレーザー
  • YAGレーザー

この他にも、ロングパルスヤグレーザーやルビーレーザーなどの種類が存在します。

それぞれのレーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛にはご紹介したような種類があり、仕組みは同じでも、その特徴はそれぞれです。例えば代表的な3種類のレーザーの場合、次のような特徴があります。

ダイオードレーザー
光源にダイオードが使用された脱毛マシン。集中冷却システムにより肌への負担が少ないのが特徴。ルミナス社のライトシェアデュエットや、最新機種ベクタスは痛みがほとんどないと言われる。
アレキサンドライトレーザー
日本人の肌全般に適しているといわれるレーザー。「アレキサンドライト」という宝石を用い、冷却ガスなどで冷却しながら施術する。キャンデラ社の「GentleLASE」が代表的な機種の一つ。
YAGレーザー
最大の特徴は、他のレーザー脱毛マシンより強い赤外線を出し、長い波長のレーザーを使うこと。それによりメラニン色素への吸収率は低くなるものの、肌の奥深くまで熱が伝わりやすくなる。マシンでは「ジェントルヤグ」が代表的。

こうして並べてみると、どのレーザー脱毛も、それぞれ得意とする部分が異なるようです。

こんなときは、このレーザー

自分の目的に合わせたレーザーを選ぼう

レーザー脱毛が、それぞれの種類によって特徴が異なることから、自分の希望や、仕上がりなど、目的に合わせて選択することもできそうです。例えば次のような目的がある場合は、こんなレーザー脱毛の種類がおすすめです。

なるべくスピーディに施術を終わらせたい

レーザー脱毛は一般的に、光脱毛に比べると単一のレーザーを使用されることが多いため、施術範囲も狭めであると言われています。とはいえ、できれば一回の施術時間は短い方が楽ですよね。それならダイオードレーザーがおすすめです。レーザーの照射口がスクエア型になっていることで、一度に広範囲の施術を行いやすく、照射漏れも少ないと言われています。

特にライトシェアデュエットなら、従来の1/3ほどの時間で施術が終了できると言われ、短時間で効率よく終わらせたいという場合に適しています。

できるだけ痛みをなくしたい

レーザー脱毛は光脱毛に比べると痛みを感じやすい、と言われることがあります。ですが、最先端のマシンでは、そうした痛みをほとんど感じずに施術が受けられる、というものも登場しています。一般的には、アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーであれば、ダイオードレーザーの方が傷みが少なめ、と言われています。

ただしアレキサンドライトレーザーは冷却装置が搭載されているので、人によっては痛みを感じにくいということもあります。不安な場合は、申し込む前に一度、痛みの程度を知るために、テスト照射を受けてみるのもおすすめです。

産毛の脱毛もしたい

レーザー脱毛のデメリットとして、産毛の脱毛がしづらい、ということがあります。これは、黒い色(メラニン色素)に反応するよう作られているからこそ、色素の薄い毛や、細い毛、産毛などにレーザーが反応しづらいためです。しかし、レーザー脱毛の中でも、ダイオードレーザーはある程度の産毛までは効果が期待できると言われています。

背中や顔など、産毛が多い部分を脱毛したいときは、こうしたレーザーを使用しているクリニックを探す、という方法もありそうです。

他にもこんな目的があるときは・・・

不快なジェルが苦手

脱毛の施術を受ける際、肌への負担を和らげるためにジェルが塗布されることが多いです。ジェルには冷却機能がついているため、体が冷えたり、不快に感じるという人もいるのではないでしょうか。その場合は、ジェルを使わずにできる、アレキサンドライトレーザーによる脱毛がおすすめです。

美肌効果もほしい

脱毛だけでなく、美肌効果も欲しい、という人にも、アレキサンドライトレーザーがおすすめです。元々、シミ・あざ、難治性のニキビなど美容治療にも使用されていたレーザーなので、肌の引き締めやコラーゲンの生成などの美肌作用が期待できます。

日焼け肌、色素沈着

通常、日焼け肌や、色素沈着した部分というのは、脱毛ができないことが多いです。しかしYAGレーザーの場合は、他のレーザー脱毛より波長の長いものを使用するため、施術ができることがあります。男性ならヒゲ脱毛に効果的です。

日々進歩するレーザー脱毛

最先端のマシンやクリニックの保証もチェック!

レーザー脱毛の技術は日々進化しており、最先端のマシンでは、従来のイメージとはまた一味違う施術効果が期待できるようです。また、クリニックによっては、脱毛に対する手厚い保証がついているところもあります。クリニック選びをする際、そうしたところにも注目することで、より効果を実感できるきっかけになるかもしれません。

アレキサンドライト×YAGの組み合わせG-MAX

アレキサンドライトレーザーとYAGレーザー、2種類のレーザーを搭載したマシン、それがG-MAXです。2種類のレーザー、ということは、2つの波長を使って照射が可能ということです。それにより、太い毛から細い毛、産毛まで様々な毛質に対応しやすくなります。

複数の波長が同時照射できるレーザー脱毛

従来のレーザー脱毛は、レーザーの波長は単一、というものが一般的でした。ですが、最近では複数の波長を繰り出せるマシンも登場しています。例えばダイオードレーザーを用いた機種である「メディオスターNeXTPro」は、2種類の波長のレーザーが同時照射できるマシンです。

さらにこのレーザーは、「バルジ領域」と呼ばれる発毛因子(毛を作りだす幹細胞)にダメージを与えられる能力を持っているそうです。それにより、毛がまだ「種」の状態であるときにダメージを与えられるので、従来より弱い出力で効果が期待でき、痛みを抑えられるというメリットが生まれます。

また、他にも3種類の波長のレーザーが同時照射できる「ソプラノアイス・プラチナム」というマシンも登場しています。この場合は蓄熱式と呼ばれる方法で、さらに低温でも効果が期待でき、肌へのダメージを最小限に抑えられると言われています。

照射漏れや硬毛化、増毛化保証のあるクリニック

医療脱毛クリニックでは、追加費用の心配がない、肌トラブルが起こった際に対処してもらえる、などなど、さまざまな保障や手厚いサポートが行われています。その中でより高い効果を求めるのであれば、照射漏れや、硬毛化、増毛化保証のあるクリニックを探すのがポイントです。硬毛化は脱毛前よりムダ毛が太くなること、増毛化はムダ毛が増える、あるいは増えたように感じることをいいます。

脱毛は人の手によって施術が行われます。そのため、全身脱毛など、複数の範囲を脱毛するとなると、どうしても照射漏れが起こる可能性があります。また、硬毛化や増毛化は産毛の脱毛をした際、起こりやすい問題の一つです。そのため、クリニックによってはそうしたトラブルのとき、無料で対処してくれる保証がついているところがあります。それなら万が一のときも、安心して脱毛を続けられるのではないでしょうか。

より高い効果を感じるためにはレーザー選びがポイント

自分の目的に合わせて選ぼう

どのレーザー脱毛も、レーザーを使うという限りは、最終的に得られる効果に差はないかもしれません。とはいえ、その効果が得られるまでの過程には違いがありそうです。レーザー脱毛にも種類があります。そしれそれぞれに異なる特徴があります。もちろん、クリニックによっても、採用しているレーザーは異なります。

そのため、自分の脱毛したい部分や、希望する仕上がりなど、目的に合わせてレーザーの種類を選ぶことが、自分に合ったクリニック選びにも繋がると言えそうです。そしてそれが、より高い効果や満足いく仕上がりに近づける鍵となるのではないでしょうか。