レーザー脱毛の回数|完全脱毛するには何回受ければいい?

レーザー脱毛完了

レーザー脱毛は高い効果が得られやすい、ということで検討されている方も多いのではないでしょうか。とはいえ、申込むとなると、ある程度費用も必要ですし、一体どのくらいの回数で効果が感じられるのか、完全脱毛まで何回施術を受ければいいのか、目安が分からないと不安ですよね。脱毛のコースを見ていると、5回や6回で設定されていることが多いですが、それで大丈夫なのかどうかも気になるところです。そんなレーザー脱毛による、脱毛完了までにかかる回数について調べてみました。

レーザー脱毛とは

医療機関で施術が実施されている脱毛方法

レーザー脱毛はその名の通り、単一の波長を持つレーザーを使った脱毛方法です。エステサロンで用いられる、複数の波長の光を利用する光脱毛に比べると、より出力も高められるため、効果も得られやすくなります。光脱毛より強い力を持つ脱毛方法になるので、扱えるのは医療機関のみと決められています。

医療機関で施術が受けられるということは、医師や看護師免許を持った人に診察、施術をしてもらえるということです。だから何か肌トラブルが起こった際もすぐに処置してもらえるなど、安心感を感じられやすいところが魅力的です。また、使用されるマシンも厚生労働省の認可が下りたものだけなので、安全性を考えてもメリットが大きいと言えそうです。

また、エステサロンで行われる光脱毛では、「毛を細くして減毛効果を生み出す」という効果が書かれていることがあります。レーザー脱毛の違うところは、毛を細くするのではなく、「毛根を破壊して生えづらくさせる」効果を持つところです。そのため一度照射した部分の毛は生えてきづらくなります。

もちろん、一度にすべてのムダ毛にダメージを与えることはできません。だから新たに生えてきた分には施術をすることになります。それでも、次に生えてきた毛は眠っていた毛、つまり休止期だった毛と考えられ、同じ毛が細くなって生えてくる可能性は低いです。

レーザー脱毛の施術方法は?

光脱毛に比べると、レーザー脱毛は出力数が高い分、痛みを感じやすいと言われています。そのため希望すれば、施術前に麻酔クリームなどを塗ってもらうこともあります。また、レーザーは黒い色(黒色メラニン)にしか反応しない、という作りになっており、それによって毛根をレーザーの熱でダメージを与え、破壊します。毛根が破壊された毛は、自然と抜け落ち、その部分の脱毛は完了です。

一度に施術できるのは1/3未満

レーザー脱毛は毛周期に合わせて施術を行います。毛にはそれぞれ「成長期」、「退行期」、「休止期」というサイクルがあり、これを毛周期といいます。レーザー脱毛で効果が得られるのは成長期にある毛だけと言われています。だから1度の施術で効果が得られるのは1/3未満ほどの分だけです。そのため、完了までは何度か施術を繰り返すことになります。

施術ペースは毛周期に合わせて、大体1~3カ月に1回のペースで脱毛に通うことになるケースが多いです。ただし最近は、レーザーの種類によって毛周期に関係なく施術ができるものもあります。

レーザー脱毛に使われるマシンの種類は?

レーザー脱毛で使われるマシンにはいくつかの種類があります。それぞれに特徴があり、それに合わせて適した施術部位もあるようです。

レーザー脱毛で使われるマシンの種類
種類名 特徴 適した部位
アレキサンドライトレーザー 冷却風や冷却ガスによって、冷却しながら照射する方法なので痛みが軽減されやすい。また照射前のジェルの塗布が必要ないので、ジェルが苦手な人やアレルギーが心配な人にもおすすめ。 比較的濃く、太い毛に効果が出やすいので、ワキやVIOラインに効果的。ただしその分、細い毛や産毛などには効果が出づらく日焼けした肌や色黒の状態には向かない面もある。
ダイオードレーザー 比較的肌への刺激や負担が少なく、他のレーザー脱毛に比べるとヘッドが大きいので広範囲が施術しやすい。それにより、脱毛の時間も短く済むことが多い。 細い毛や産毛にも効果が感じられやすいので、背中や顔と言った部分の脱毛に効果的。また、日焼けしていたり色素沈着を起こしていても施術できることが多い。
ライトシェアデュエット ダイオードレーザーの中の上位機種。吸引しながらメラニンに反応させられるので出力数が低くても、きちんと効果が得られやすい。照射面積も広いため、他のダイオードレーザーに比べ1/3ほどの時間で施術が可能。 ほとんど痛みがないのが特徴的。デリケートな部分の施術におすすめ。
ヤグレーザー 日焼けした肌や色黒の肌にも使えるレーザー。 IラインやOラインなど、色素の濃い部分に比較的効果が出やすい。
ロングパルスヤグレーザー ヤグレーザーの中の一機種で、レーザーの脱毛機種の中で最も波長が長く、深達度も高い。 より深部まで照射エネルギーを届けられるため、Iライン、Vラインなど色素の濃い部分や、男性のヒゲにも効果が感じられやすい。
G-MAX アレキサンドライトレーザーとロングパルスYAGレーザーとのいいところを兼ね備えた脱毛機種。皮膚への影響が少ないため、色黒、日焼け肌でも施術可能。治療も短時間で終わりやすい。 毛根が深い毛や、剛毛な場合でも照射が可能。

レーザー脱毛が完了するまでの回数は?

一般的には5~6回でおおよそ満足できることが多い

レーザー脱毛は、平均5~6回のコース設定がされていることが多いですが、多くの人がそのくらいの施術回数で自己処理の必要がない程度まで脱毛が完了することが多いようです。そのため一般的に設定されている5回コースや6回コースで申し込めば、それで十分結果を得られる可能性はあります。

部位ごとの脱毛の完了目安は?

平均5~6回とはいえ、部位ごとに分けて考えると多少回数が前後することもあるようです。また、どの程度まで脱毛をしたいかによっても、完了までの回数は異なることが多いです。さらに、一人ひとりの毛量、毛質、肌質、脱毛部位によっても脱毛完了までの回数は差が出やすいです。例えば毛の濃い人や多い人は、少ない人に比べたら多い回数が必要となりやすいです。それを踏まえた上で、脱毛で選ばれやすい代表的な部位ごとの完了までの目安をまとめてみました。

部位ごとの脱毛完了までにかかる回数の目安
部位 ほぼ満足(8割自己処理がいらない程度) ツルツル肌(9~10割ほぼムダ毛がない程度)
ワキ・Vライン 5~7回程度 9~12回程度
腕・脚 4~6回程度 9~12回程度
顔・Iライン・Oライン 8~10回程度 10~14回程度

ワキや腕、足といった露出が多い部分は5~6回の施術で十分満足できるラインまで脱毛できそうですね。ただし、デリケートな部分や、顔などの産毛が多い部分では、5回では少しムダ毛がなくなりにくい面があるようです。これはレーザー脱毛自体が、マシンの種類によっては産毛や細い毛が得意でない部分があるので、仕方ないかもしれません。

完了すれば半永久的な効果が得られやすい

レーザー脱毛のメリットは、毛周期に合わせて施術を行うと、半永久的な効果が得られやすくなる、というところです。つまり、5~6回の施術で満足いく結果が出れば、その効果は長期間感じ続けられるということです。もちろん、完璧とはいかないものの、その効果はかなり高いと言われています。

一般的に、2~3カ月に1回の施術ペースであれば、5~6回終了するまで1~2年ほどの期間がかかると言われています。ただしこれも、一度に施術する部位が多い場合や、毛の濃さや量によって変動するため、あくまで目安として捉えておきましょう。

「1回で効果が感じられた!」という口コミはうそ?ホント?

脱毛の口コミを見ていると、レーザー脱毛を「1回施術しただけで効果が感じられた!」という人もいるようです。「脱毛は1度では完了しないのにホント?」と思われる方もいるかもしれませんね。これについては、レーザー脱毛の場合照射してすぐと、1~2週間後くらいに照射した部分の毛が抜け落ちることが多く、一時的にツルツルの状態になるので、あながちウソとは言い切れないようです。

一時的な状態ですので、眠っていた毛が生えてきた頃がまた施術のタイミングになりますが、早い人はその状態を多少なりとも効果として感じられるようです。もちろん、個人差があるので、個人差があるので、1回や2回ではあまり効果が感じられなかったのに、3回目から感じられるようになる人もいます。多くの人は、4回目までに何らかの効果を実感できるようです。

レーザー脱毛申し込みの前に気を付けておきたいこと

施術の「回数」より「期間」に注目しよう

レーザー脱毛のプランを見ていると、ついつい5回コースや6回コースなど、回数が何回設定されているかに目が行きがちです。確かにそこも重要なんですが、もう一つチェックしてほしいのが「期間」です。できれば「無期限」のところを選びましょう。それが難しければ、できるだけ長期間保証されているところにするほうがベターです。

というのは、例えば「1年5回コース」などのコースを選んだとします。そうすると、この場合1年の期間が満了すると、まだ脱毛が満足いくところまで完了していなくても、そのコースが利用できなくなります。もし、忙しくて通えなかった場合、回数が残っていても新たに契約するか考えなければいけないかもしれません。

ムダ毛は部位ごとに毛周期が異なります。特に、複数部位を同時申し込みできる、あらかじめ期間が設定されたプランを利用すると、終了したとき「この部位は満足できたけど、こっちはもう少し施術したい」と思う可能性が高いです。そのため、なるべく無期限で納得いくまで施術ができるところに申し込む方が、自分のペースで通えてお得になる可能性があります。

それ以外にも、脱毛に通う間気を付けたいいくつかのポイントがあるのでご紹介します。

脱毛に通う間日焼けは厳禁

レーザー脱毛のマシンによっては、日焼けした肌でも施術できるものはあります。とはいえ基本的に脱毛している間の日焼けは厳禁です。少しでも施術が受けられないかも、という可能性は減らしましょう。また、施術後も肌は敏感になっているので、日焼けしないことが炎症や肌トラブルを防ぐポイントです。

毛抜きを使った自己処理は厳禁

脱毛をしている間は、毛抜きを使った自己処理は避けましょう。かえって毛周期を狂わせることがあるからです。さらに、毛抜きは一時的にきれいな見た目になりますが、中途半端に処理をしてしまうので、レーザーを照射したとききちんと毛根に反応してくれなくなることがあります。せっかくお金を払って施術を受けるのですから、十分効果が得られる状態にしておくのがベストです。

もし自己処理をする場合は、シェーバーを使うのが無難です。肌への刺激や負担も比較的少なく、脱毛への影響を最小限に抑えられやすくなります。

保湿をしっかり行うこと

脱毛の施術後の肌は、乾燥しやすい状態です。だからいつも以上に保湿を心がけましょう。しっかり水分量が保たれた肌であれば、施術を受けた後するんと毛も抜け落ちやすく、効果も高まりやすいと言われています。

レーザー脱毛は完了まで平均5~6回の脱毛が必要

無期限保証のレーザー脱毛で満足いくまで脱毛しよう

レーザー脱毛の平均的な完了までの回数は、5~6回というケースが多いようです。これはあらかじめクリニック側から設定されている回数である場合も多いので、一旦それで申込んでみてよさそうです。ただし、申し込みをする際は、期間の制限がない、無期限保証のところを選ぶ方が無難です。その方が自分のペースで通うことができ、しっかり回数分の施術も受けられやすくなるからです。

レーザー脱毛は、人によっては、1回でも多少効果を感じられることがあるなど、繰り返すことで確実な脱毛効果が得られる可能性が高い方法です。乾燥や日焼け対策、あるいは自己処理の方法に注意して、ぜひ、ルツル肌を手に入れましょう。