脱毛で毛が濃くなる?硬毛化とは

悩む女性

脱毛エステやクリニックに通っていても、ムダ毛が薄くなるどころか、逆に濃くなる…脱毛の副作用とも言われるこの現象は、『硬毛化』、『増毛化』と呼ばれています。
現在脱毛中の方も、これから脱毛をお考えの方も、ムダ毛が濃くなるという脱毛のリスクを知っておくことが大切です。ここでは硬毛化・増毛化の原因から対処法まで、まとめてご紹介します。

脱毛で毛が濃くなる!硬毛化・増毛化とは?

硬毛化・増毛化とは?

本来、レーザー脱毛や光脱毛はムダ毛の毛根に熱エネルギーを与えて根本から除去するために行うもの。しかし不十分なレーザーや光の刺激が加わると、脱毛を行う前よりもかえってムダ毛が濃くなってしまう、という現象があります。これを、硬毛化・増毛化といいます。

硬毛化と増毛化の違い

もともと細く短い産毛だったものが太くなったり、長くなったりすることは硬毛化、生えていなかった毛穴から新たに毛が生えてくることは、増毛化と呼ばれています。
硬毛化の場合、全体の本数は減るものの、残った毛が太く、あるいは長く変化するという点が、増毛化と明らかに異なります。
また増毛化といっても、毛穴の数は一定のため、毛の本数が増え続けることはありません。濃くなったように見えるほとんどの原因は、硬毛化によるものと言われています。

脱毛で毛が濃くなる硬毛化・増毛化の原因とは?

硬毛化・増毛化の原因として有力な説

硬毛化・増毛化のはっきりとした原因は解明されていませんが、現在のところ、脱毛に使用されるレーザーや光の熱刺激が毛根周辺を活性化してしまうためと考えられています。
レーザー脱毛や光脱毛の光線は、通常であれば毛根のメラニン色素に反応し、熱によって組織を破壊します。
ですが、毛根のメラニン色素が薄いと熱刺激が十分に作用せず、破壊するに至りません。さらに何らかの要因によって毛根周辺の組織を刺激し、活性化してしまうというわけです。

レーザー脱毛や光脱毛では、すべての毛質に対応することが難しい

人の皮膚には通常、細くて色素の薄い毛と太くて黒い毛が混在しているもの。人によっても部位によっても、毛質は様々です。
ですから、同じ熱量でも十分にダメージを与えることができる毛根と、そうでない毛根があるのは当然のこと。硬毛化・増毛化を起こさないためには、毛質に合わせた脱毛方法を的確に選んで行う必要があるのです。

レーザー脱毛や光脱毛では、これに十分対応することができません。また家庭用脱毛器を使用する際にも十分起こりえることなので、自宅で脱毛する際にも注意が必要です。

脱毛による硬毛化・増毛化の特徴

硬毛化・増毛化が起こりやすい部位

硬毛化・増毛化は、細く薄い毛の多い背中やお腹、肩や二の腕、うなじや顔などの部位に起こりやすいと言われ、特に顔や背中はリスクの高い部位とされています。
これに対して、もともと濃い毛の生えているVIOや脇などは、硬毛化・増毛化のリスクがほぼないと考えてよいでしょう。

硬毛化・増毛化が起こりやすいのは、レーザー脱毛?光脱毛?

症例を報告するのは医療機関なので、おのずとクリニックが行うレーザー脱毛による硬毛化・増毛化の症例が多くなるようです。
ですが、硬毛化・増毛化が熱量不足によって起こるものであるとすれば、レーザー脱毛より照射パワーの弱い光脱毛の方が、硬毛化・増毛化を起こしやすいと言えるでしょう。
また反対に、熱刺激の強い方が毛根をより活性化するという見方から、レーザー脱毛の方がリスクが高いという見解もあります。

硬毛化・増毛化が起こる確率

クリニックやサロンによってかなり異なるようですが、1%前後から、多い場合は10%とも言われています。脱毛範囲が広ければ、それだけリスクが上がると言えます。

脱毛後、どのくらいの期間で濃くなる?

硬毛化・増毛化が起こったことに気付くのは、脱毛処理後、一ヶ月から数ヶ月経過してから。
施術後には、しっかりと経過を観察する必要があるでしょう。

脱毛で濃くなったムダ毛、どうする?

もし硬毛化・増毛化が起きてしまっても、諦めることはありません。濃くなってしまったムダ毛を完全になくすまでに、いくつか方法があります。

波長や機種を変更する

光線の出力を上げて照射する方法があります。色白で、なおかつ肌の強い方には向いている方法かもしれません。ただし、脱毛効果とともに皮膚へのダメージも強まるため、やけどや炎症が起こる危険性も。

ニードル脱毛を行う

ニードル脱毛とは、針によってムダ毛の一本一本に電気の熱を与え、毛根の細胞を破壊する脱毛方法。レーザー脱毛や光脱毛などと比較すると痛みが大きく、時間のかかる方法ですが、確実に脱毛効果が得られます。
硬毛化・増毛化した毛が数本程度であれば、改めてレーザー脱毛などを受けるよりは効率的かつ経済的に済むかもしれません。

様子を見る

硬毛化・増毛化が起きたとしても、一定の期間が経てばおさまる例もあるため、サロンによっては一度脱毛を中止して経過をみる方針がとられているようです。
ただし、解決する保証はありません。脱毛期間が余計に長期化してしまうデメリットは大きいかもしれません。

硬毛化・増毛化以外が原因かも?

もしかしたら勘違い?

脱毛後、毛が濃くなったと感じても、硬毛化・増毛化に当てはまらない場合もあります。
施術時に剃った産毛は剃る前の細い毛先とは違って、断面が太く見えやすいため、その毛が伸びてきた際には以前より濃くなったように感じることがあるのです。

自己処理による刺激のせいで濃くなる?

カミソリなどでムダ毛を自己処理する際に皮膚表面を傷付けると、肌を保護しようとする反応が起こり、体毛が濃くなる現象があるとされます。
この場合、肌をなるべく刺激しない処理方法に切り替えれば、元の薄さに戻るかもしれません。

ホルモンバランスが変化したせい?

ホルモンバランスが変化すると、毛量が増えたり、濃くなることがあります。女性の場合は妊娠中や更年期などでホルモンバランスが大きく乱れるため、これが原因となっている可能性も。
また過度なダイエットなどでもホルモンバランスが乱れやすくなり、体毛が濃くなる原因となることがあります。

脱毛でムダ毛が濃くなる前に…

硬毛化・増毛化で悩まされる前に、できることがあります。あらかじめ対策しておけば安心!

硬毛化・増毛化しやすい部位の脱毛は避ける

お得なキャンペーンを目にして、普段はあまり気にならない部位の脱毛をつい始めたくなることもあるでしょう。
しかし硬毛化・増毛化は、産毛のような薄い毛の生えている部位に起こります。脱毛後にかえって濃くなった!という事態を避けるなら、必要のない部位をむやみに脱毛しないという選択も大切です。

硬毛化・増毛化を避けるには事前の確認が大切です

もし脱毛後に硬毛化・増毛化が起きてしまった場合、サロンやクリニックによって対応は様々です。
脱毛終了までしっかりと保証してくれるクリニックもあるので、これから脱毛をご検討される方は、契約前に確認しておくとよいでしょう。
レーザー脱毛機器の中には産毛に適した機種も存在するので、そのような機器を導入しているクリニックを選択することもできます。
硬毛化・増毛化のリスクを考慮した脱毛を行っている、技術力を備えたサロンを選べばさらに安心です。
現在脱毛に通っているという方も、事前に詳しい説明を受けていない場合は、問い合わせてみることをオススメします。

安心度で評判!医療レーザー脱毛おすすめノート

  • フェミークリニック

    脱毛で毛が濃くなる?硬毛化とは

    総合評価

    • 1
    • 1
    • 1
    • 0.5
    • 0

    3.13

    口コミ 5件
    • 無料
      カウンセ
      リング
    • カード
      払い
    • 月額制
    • 都度
      払い
    • 分割
      払い
    • 永久
      脱毛
    公式サイトはこちら
  • アリシアクリニック

    脱毛で毛が濃くなる?硬毛化とは

    総合評価

    • 1
    • 1
    • 1
    • 0.5
    • 0

    3.61

    口コミ 4件
    • 無料
      カウンセ
      リング
    • カード
      払い
    • 月額制
    • 都度
      払い
    • 分割
      払い
    • 永久
      脱毛
    公式サイトはこちら
  • リゼクリニック

    脱毛で毛が濃くなる?硬毛化とは

    総合評価

    • 1
    • 1
    • 1
    • 0.5
    • 0

    3.68

    口コミ 5件
    • 無料
      カウンセ
      リング
    • カード
      払い
    • 月額制
    • 都度
      払い
    • 分割
      払い
    • 永久
      脱毛
    公式サイトはこちら