家庭用脱毛器、脱毛石鹸、ブラジリアンワックス…ムダ毛自己処理グッズは効果がある?

腕組みする女性

家庭で手軽にムダ毛処理できるグッズはさまざまで、家庭用脱毛器や脱毛石鹸、ブラジリアンワックスもそのうちの一つです。「自己処理に使ってみたいけど効果はあるのかな」と気になられている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、家庭用脱毛器と脱毛石鹸、ブラジリアンワックスの、それぞれの特徴やメリット・デメリット、そして効果についてご紹介します。

家庭用脱毛器、脱毛石鹸、ブラジリアンワックスの特徴とメリット

手軽に自宅で脱毛・抑毛できることが、家庭用脱毛器や脱毛石鹼、ブラジリアンワックスのメリット

家庭用脱毛器、脱毛石鹼、ブラジリアンワックスに共通する特徴は、自宅にいながら脱毛や抑毛ができる手軽さです。売り場に行けば、さまざまな商品を目にすることができる種類の多さや、自分に合った商品が見つかれば、いつでもほしいときにムダ毛処理ができる便利さは、自己処理ならでのメリットと言えます。

家庭用脱毛器|製品の種類によっては全身脱毛も可能

家庭用脱毛器は、その名の通り自宅で使える脱毛機器です。脱毛サロンや医療脱毛で使われる脱毛マシンに比べると出力数は劣りますが、顔やデリケートゾーンの脱毛ができるようなタイプもあります。そのため、脱毛器の種類によっては、自宅で自己処理がてら全身脱毛もできる可能性があります。

脱毛石鹼|ムダ毛抑制成分配合でいつもの石鹸と置き換えるだけでOK

脱毛石鹸は、ムダ毛処理効果を持つ石鹸です。だからいつもの石鹸を置き換えるだけで効果が期待できるという優れものです。石鹸で脱毛効果が期待できる理由は、ムダ毛抑制効果のある成分が含まれているからです。多くの場合、イソフラボンが配合されています。

他にも毛を構成しているたんぱく質を破壊し、発毛を抑える効果があるとされるブロメラインや、チオグリコール酸など、製品ごとに含まれる成分は多岐にわたります。

ブラジリアンワックス|塗ってはがすだけで脱毛できる

ブラジリアンワックスは、ムダ毛を処理したい部分に専用のワックスを塗り、固めてから一気に引き抜きムダ毛を処理するという脱毛方法です。サロンでも行われていますが、最近は自宅でできるキットが販売されています。脱毛前の自己処理が必要ないので、処理したいと思ったときにできるのがメリットです。

ワックスの種類は、はちみつや砂糖などの成分から作られた水性タイプ、クリームやオイルからできた油性タイプ、油性より粘度の高いハードタイプ、テープ状のものなどさまざまな種類があり、手作りすることもできます。油性やハードタイプのワックスは、使用後にクレンジング剤で落とします。

家庭用脱毛器、脱毛石鹼、ブラジリアンワックスはメリットばかりじゃない

肌トラブルのリスクは家庭用脱毛器や脱毛石鹼、ブラジリアンワックスにもある

今回取り上げた家庭用脱毛器、脱毛石鹼、ブラジリアンワックスを含め自己処理には、脱毛サロンやクリニックに通うようにスケジュールを空け、予約をしなくてもいい手軽さがある反面、肌トラブルのリスクがあります。だからもし、使用中や前後に肌の調子がおかしいと感じときは、すぐに病院に行くようにしましょう。

家庭用脱毛器でのムダ毛処理|デリケートゾーンは痛みを感じやすい

家庭用脱毛器は、脱毛サロンや医療脱毛と同じく照射して脱毛する方法なので、デリケートゾーンなど照射する部位によっては、痛みを感じる場合もあります。

デリケートな部分は人に見られたくないという人にとって、家庭用脱毛器は強い味方になる一方で、痛みや、他のトラブルを引き起こすリスクもあることを念頭に置いておくことが大切です。

さらに、家庭用脱毛器のパワーは、脱毛サロンやクリニックに比べると劣るため、脱毛の効果が感じられるまでに時間がかかることも多いです。そのため、最初は自宅でできる手軽さに満足していても、徐々に家庭用脱毛器での自己処理が面倒に感じる人もいるようです。

脱毛石鹸でのムダ毛処理|肌質が合わないこともあるので事前のパッチテストがおすすめ

脱毛石鹼は、人によっては体質的に肌に合わないこともあるのがデメリットです。例えば、イソフラボンなど石鹸に含まれる成分が肌に合わず、トラブルを引き起こすリスクがあります。

市販の石鹸や化粧品でも、人によってそれぞれ合う・合わないがあるのと同じことのようです。そのため、脱毛石鹼を顔やVIOなど、デリケートな部分への使う前には、パッチテストをされることをおすすめします。

石鹸ということでカミソリなどに比べると肌への負担が少ない自己処理方法の一つですし、肌に合えば保湿効果が期待できるものもあります。上手に活用すれば、体を洗うついでにムダ毛処理ができるかもしれません。

ブラジリアンワックスでのムダ毛処理|コスパはいいものの赤み、炎症など肌への負担が心配

ブラジリアンワックスで心配なのは、肌への負担です。ワックスを一気にはがして脱毛する時に負荷がかかりやすいからです。人によっては使用するワックスの種類によっても、赤みやかゆみ、炎症などの肌トラブルが起こるリスクがあり、十分な注意が必要です。

ブラジリアンワックスは、脱毛自前の自己処理がいらず、仕上がりもキレイで、他の自己処理より次の毛が生えてくるまでの時間が長く、コスパがいいとされています。ワックスを塗るだけでムダ毛処理できるのは魅力的ですが、デリケートな部分の脱毛などは痛みも強くなると予想されます。

家庭用脱毛器、脱毛石鹼、ブラジリアンワックスで期待できる脱毛効果

長い目で見ると脱毛サロンやクリニックの方がコスパが高いかも

自己処理は手軽さがある反面、肌トラブルのリスクは避けられないようです。それでも一定の効果が得られるなら家庭用脱毛器や脱毛石鹸、ブラジリアンワックスでいいと思われるかもしれません。ですが、どうやら長い目で見ると、コスパも脱毛サロンやクリニックの方が高くなる可能性がありそうです。

家庭用脱毛器でのムダ毛処理|効果実感まで継続できるかがカギ

家庭用脱毛器でのムダ毛処理は、個人差はあるものの、繰り返し脱毛すれば、ある程度効果を感じられることが多いです。だから継続してこまめに自己処理が続けられるかどうかがカギとなりそうです。

一方で、脱毛器の出力数が低い分、効果を実感できるまで時間がかかりやすいです。そのため、早く効果を出したい人にとっては、脱毛サロンやクリニックに通う方がコスパがよくなる可能性が高いです。

脱毛石鹸でのムダ毛処理|「抑毛」効果はあっても「脱毛」効果までは期待しづらい

脱毛石鹼は、「脱毛」という名前がつくものの、実際に期待できる効果は、抑毛・除毛効果がある石鹸と考える方が近いのが実際です。「脱毛」は、毛根にある毛を作り出す組織自体を破壊して、毛が生えてこなくさせる方法ですが、脱毛石鹼には組織自体を破壊する力まではないからです。

そのため、脱毛石鹼にブロメラインやチオグリコール酸といった、毛を構成するたんぱく質を溶かす成分が含まれていても、肌の表面にある毛に対してのみ効果を発揮するという程度にとどまり、使い続けても毛が生えてこない状態になることはなく、定期的な自己処理が必要です。

ブラジリアンワックスでのムダ毛処理|完全に毛が生えてこない状態にはならない

ブラジリアンワックスも脱毛石鹼と同じく、一時的にムダ毛のない状態にはできるものの、完全に毛が生えてこない状態になることはありません。定期的にムダ毛の処理が必要になる上、肌への負担を考えると、自己処理でブラジリアンワックスを続けることには心配もあります。

人によっては「徐々に毛が細くなってきた」と感じられることがあるようですが、目の錯覚である可能性が高いです。ブラジリアンワックスで自己処理をすると、毛を根本から抜くので、次に生えてきた毛の先端が細くなります。そのため、カミソリなどで自己処理した場合より、毛が細く見えるんだそうです。

家庭用脱毛器、脱毛石鹼、ブラジリアンワックスでの自己処理は手軽さの裏にリスクあり

長い目で見ると家庭用脱毛器、脱毛石鹼、ブラジリアンワックスより脱毛サロン・クリニックでの脱毛がおすすめ

家庭用脱毛器、脱毛石鹼、ブラジリアンワックスは、それぞれムダ毛の自己処理グッズとしては手軽さがあり、魅力的です。家庭用脱毛器なら継続すればある程度効果が感じられそうですし、脱毛石鹼は肌に合えば、使うだけでムダ毛の抑毛効果が期待できます。ブラジリアンワックスも、ワックスを塗った部分は脱毛ができるので自己処理として比較的手間がかかりません。

とはいえ、どの方法も自己処理には違いなく、肌トラブルのリスクははらんでいます。脱毛石鹸やブラジリアンワックスの場合は、本当の意味で脱毛できるわけではないので、定期的な自己処理のことを考えると、脱毛サロンやクリニックに通う方がコスパがよくなる可能性が高いです。そのため、肌への負担やコスパを考えるなら、やはり自宅で自己処理するより、信頼できる脱毛サロンやクリニックに通い、集中して脱毛する方がおすすめです。