【VIO脱毛】施術前の事前処理・正しい方法まとめ

VIOの自己処理を試みる女性

ほとんどの脱毛サロンやクリニックでは、脱毛を受ける際に事前のシェービングが必要です。
初回のカウンセリングで必ず事前処理についての説明を受けるので、それほど慌てることはありませんが、事前処理を忘れると、施術を断られてしまうことや、別料金を支払うことになる可能性もあるので注意しなければなりません。

そこで今回は、VIO脱毛の事前処理の正しい方法についてまとめました。
「どのくらい処理すればいい?」「どのタイミングで処理すればいい?」などの疑問を解消して、落ち着いてVIO脱毛に臨めるように準備しておきましょう。

VIO脱毛におすすめ脱毛サロンBEST3

  • KIREIMO(キレイモ)

    【VIO脱毛】施術前の事前処理・正しい方法まとめ

    総合評価

    • 1
    • 1
    • 1
    • 0.5
    • 0

    3.33

    口コミ 9件
    • 無料
      カウンセ
      リング
    • カード
      払い
    • 月額制
    • 都度
      払い
    • 分割
      払い
    • 永久
      脱毛
    公式サイトはこちら
  • ミュゼプラチナム

    【VIO脱毛】施術前の事前処理・正しい方法まとめ

    総合評価

    • 1
    • 1
    • 1
    • 0.5
    • 0

    3.52

    口コミ 6件
    • 無料
      カウンセ
      リング
    • カード
      払い
    • 月額制
    • 都度
      払い
    • 分割
      払い
    • 永久
      脱毛
    公式サイトはこちら
  • シースリー(C3)

    【VIO脱毛】施術前の事前処理・正しい方法まとめ

    総合評価

    • 1
    • 1
    • 1
    • 0.5
    • 0

    3.72

    口コミ 5件
    • 無料
      カウンセ
      リング
    • カード
      払い
    • 月額制
    • 都度
      払い
    • 分割
      払い
    • 永久
      脱毛
    公式サイトはこちら

VIO脱毛の事前処理はなぜ必要?

なぜ脱毛を受ける際に事前のシェービングが必要なのでしょうか?
まずは、その理由について見ていきましょう。

脱毛効果が薄れる

サロンやクリニックで行われる脱毛は、特殊な光やレーザー光を照射し、毛のメラニン色素に熱を蓄積することで毛根にダメージを与えて脱毛するという仕組みです。
そのためムダ毛が伸びすぎていると、毛根だけでなく毛全体に熱が分散してしまい、効率的に脱毛効果を得ることができません。
脱毛効果がもっとも得られやすいムダ毛の長さは、1~2ミリと言われています。

やけどの危険性が増す

上記の通り、毛が長すぎると効率よく毛根にダメージを与えることができないことから、脱毛効果を得るためには照射出力を上げるしかありません。
出力を上げると、肌に伝わる熱ダメージが大きくなり、やけどを起こす可能性が高まるのです。

施術時間を短縮する

施術前の事前処理が必要なのは、サロン側、クリニック側が施術の効率化を図るためでもあります。
シェービングを省略することで、現在のコストパフォーマンスを維持しているという面もあるようです。
ですが、サロンやクリニックの中には事前処理を無料で行ってくれるところもあるので、事前に確認しておきましょう。

VIO脱毛の事前処理の基本

VIO脱毛の事前処理を行うには、はじめにどのようなデザインにするかを決めておくことが大切です。
すべて脱毛するか、少し残すか、どのような形にするかで、事前処理の仕方は変わります。
また施術日の毛の長さが約1~2ミリになるように、2日前にシェービングをしておくこともポイントになります。

VIO脱毛の事前処理の基本手順は、以下の通りです。

事前処理の基本手順

  • 目視できない部分はを鏡で確認しながら、ハサミで長い毛を1~2センチほどにカット
  • 電気シェーバーでシェービング
  • 化粧水、乳液で保湿ケア

電気シェーバーは、肌への負担が少ないため、脱毛前の事前処理に最適。
ただし、長い毛をいきなり剃ろうとしても難しいので、まずはハサミで短くカットしておきます。
サイズが小さく、先の丸い眉用のハサミがおすすめです。
カットが済んだら、毛の流れに沿って電気シェーバーでシェービングしていきましょう。

VIO脱毛前の正しい処理方法

細かい処理方法は、Vライン、Iライン、Oラインそれぞれで少しずつ異なります。
部位ごとに確認していきましょう。

Vラインの事前処理

形を整えたい場合

Vラインの毛を残して形を綺麗に整えたい人は、まず希望の形を決めておきます。
卵型、長方形、ハート型など、様々な形にすることができますが、もっとも一般的で人気の高い形は、逆三角形。
事前処理の際は毎回、決めた形にシェービングします。
同じ形に整えておけるように、型紙を使用するのがおすすめです。
市販もされていますが、サロンによっては配布してくれる店舗もあるようです。

毛量を少なくしたい場合

全体の毛の量を少なくしたい人は、施術一回目はすべての毛を残さずシェービングします。
これで、全体の毛量を今より薄く調節することができます。

毛量がもともと多い人は、二回目もすべてシェービングした方が良い場合もあるので、様子を見ながら決めていきます。
二回目以降、通常は毛を残したい部分以外をシェービングしていきます。

無毛にしたい場合

無毛にしたい人は、毎回すべての毛をシェービングします。
Iラインとの境目に注意してシェービングするようにしましょう。

Iラインの事前処理

前面だけ残したい場合

Vラインからのつながりを考慮しながら、残したい幅や長さを決めておきます。
鏡で確認しながら、慎重にシェービングしましょう。

毛量を少なくしたい場合

Iラインの場合、一般的にVラインより地肌の色が濃く、脱毛効果がやや得られにくい部位です。
そのため、二回目まではIライン全域に照射することがほとんどなので、一回目と二回目は、全体をシェービングしてOK。
個人差もあるため、三回目以降は様子を見ながら決めていくことになります。

無毛にしたい場合

無毛にしたい人は、毎回すべての毛をシェービングしていきます。
片方の手で皮膚を押さえながら行うと、うまくシェービングできますよ。

Oラインの事前処理

Oラインの毛は、残さずすべて脱毛する人がほとんど。
Oラインは自分で処理するのは難しい部位なので、多くのサロンやクリニックでは、無料でシェービングしてもらうことができます。

無理に自己処理せず、サロンやクリニックに任せた方が安心です。

VIO脱毛の事前処理の注意点

VIO脱毛の事前処理の際には、いくつか注意しなければならない点があります。
誤った自己処理を行うと、肌にダメージを与えたり、脱毛効果が半減してしまうこともあるので気を付けましょう。

毛を抜かない

毛抜きやワックス、家庭用脱毛器などを使用するのはNGです。
サロンやクリニックでの脱毛期間中に、毛抜きやワックス、家庭用脱毛器などを使った脱毛を行うと、毛の生え変わるサイクル(毛周期)が狂ってしまうため、効率的な脱毛ができなくなります。
一時的に抜いてしまった毛は、新たに生えてくるまで光脱毛やレーザー脱毛が行えないため、脱毛期間が長引いたり、脱毛効果を得られない可能性もあります。

また同様の理由から、抑毛ローションや抑毛石けんなどの併用も避けた方が無難です。
脱毛期間中は、毛周期を正常に整えることが重要です。
毛を抜くことはせず、必ずシェービングを行うようにしましょう。

肌にダメージを与えない

カミソリや脱毛クリーム、除毛スプレーなどを使用することも、できるだけ避けましょう。
正しく使用していても、肌の表面を少しずつ削ったり、溶かしたりしてしまう可能性があります。

VIOラインは黒ずみやすく、刺激の強い自己処理を長期間継続することで脱毛効果が得られにくくなるばかりか、痛みもさらに強く感じるようになってしまいます。
肌には、できるだけダメージを与えないことが大切です。

アフターケアを十分に行う

VIOラインは、普段スキンケアなどをあまり行わない部位かもしれませんが、自己処理後は肌トラブルを起こさないために、保湿ケアをしっかり行いましょう。
普段使用しているローションなどで水分を補い、保湿クリームで水分が逃げないように蓋をします。
刺激の少ない敏感肌用のスキンケア用品を使うのがおすすめです。

保湿し過ぎによる“蒸れ”にも注意。
また、VIOラインを清潔に保つように心掛けましょう。

VIO脱毛の事前処理をきれいに行うコツ

シェービング時の体勢

床に座り、手前に鏡を置いて、片膝を外側に倒しながら片方ずつ行うのがおすすめ。ですが、一番楽にシェービングできる姿勢を見つけることが大切です。
目視できるVラインも、鏡で確認しながらシェービングすれば綺麗に処理できますよ。

お風呂上りに行う

シェービングに最適のタイミングは、入浴後10分後。
入浴直後の肌は水分をたっぷり含んでいて、毛も柔らかく、シェービングしやすい状態です。
スムーズにシェービングできれば、肌へのダメージも少なく抑えられます。

一方、入浴時のシェービングはおすすめできません。
浴室内でシェービングすると、肌に雑菌が侵入する可能性が高まるためです。
体温が高い状態でシェービングすると、肌の乾燥を招く恐れもあります。

皮膚を押さえながらシェービングする

VIOラインは、他の部位より皮膚が柔らかく、シェービングしにくい部位です。
無造作に電気シェーバーを当ててしまうと、皮膚を傷つけてしまう恐れがあるので注意してください。
片手で皮膚を引っ張るように押さえながらシェービングすると、処理しやすくなります。

VIO脱毛・事前処理の剃り残しに注意

VIOラインは自己処理しにくく、剃り残しの起こりやすい部位です。
せっかく事前処理をしても、剃り残しがあると、サロンやクリニックによっては施術を受けることができない場合や、別料金を支払わなければならない場合もあります。
自己処理が面倒な方は、無料のシェービングサービスがあるサロンやクリニックを選ぶとよいでしょう。

また、自己処理が必要な場合は、正しい事前処理の方法をマスターして、効率的なVIO脱毛に役立てましょう。