自宅でVIO脱毛はできる?自己処理前に知っておくべき注意点

自宅VIO脱毛のポイント

自宅でVIO脱毛はできる?

デリケートなVIOのムダ毛、あなたはどのように処理していますか?
生やしっぱなしにしておけば、水着や下着からはみ出してしまって恥ずかしいし、かといってサロンやクリニックに通うのも恥ずかしい…。
そういった理由から、自宅で自己処理している方が多いのではないでしょうか。

VIOは、カミソリや電気シェーバーなどで処理すると、毛先がとがって皮膚をチクチクと刺激してしまうため、剃るより脱毛が最適。
自宅でできるVIO脱毛には、毛抜き、ワックス、家庭用脱毛器の3つの方法があります。

自宅で行うVIO脱毛には注意しなければならない点が多くあるため、自己処理前に確認しておきましょう。

自宅でできるVIO脱毛①毛抜き

毛抜き用ピンセットで行う脱毛は、もっともシンプルで身近な方法ですが、毛を一本ずつ引き抜くため、時間と手間がかかります。
また、引き抜く際に強い力が加わるため、痛みが強いのも特徴です。

毛抜きで脱毛する際の注意点

肌へのダメージ

「毛抜きで毛を抜いたら出血した」という経験はありませんか?
毛抜きを使ったムダ毛処理は、肌へのダメージがもっとも大きい脱毛方法と言われます。

毛抜きを使って毛を抜く際、ムダ毛だけでなく皮膚も同時に引っ張られます。
ムダ毛と皮膚は、強い力が加わることで引き離されるため、皮膚は大きなダメージを受け、埋没毛や毛穴の突起、色素沈着などのトラブルの原因となります。

特に起こりやすいのは、毛嚢炎といわれる赤いニキビのような炎症です。
皮膚のバリア機能が低下し、毛穴の奥に細菌が感染することで起こります。

Iライン、Oラインの脱毛は困難

毛抜きでの脱毛は、とても細かい作業です。
目視できるVラインならともかく、IラインやOラインは目視が困難なため、肌を傷つける恐れがあります。
Iライン、Oラインの場合、毛抜きでの脱毛は控えた方が無難でしょう。

日常的な使用は避ける

毛抜きでムダ毛を抜くと、そのたびに皮膚は炎症を起こしている、ということを忘れてはいけません。
日常的に毛抜きを使用していると、肌は大きなダメージを受け続け、綺麗な肌を保つことができなくなります。
毛抜きでのムダ毛処理を長期的に継続することは、できるだけ避けた方が良さそうです。

毛抜きのリスクを少なくする方法

毛抜きでの処理は、最低限に抑えるのが理想です。
それでも時々毛抜きを使う場合は、肌へのダメージを少なく抑える一手間が大切です。
毛抜きのリスクを少なくするために、以下の点に気を付けましょう。

  • 肌を清潔にし、入浴や蒸しタオルなどで温めて、毛穴を開いた状態で行う。
  • 毛の流れに逆らわず、毛の生えている方向に沿って抜く。
  • 抜きにくい毛を無理に抜かない。
  • 毛抜きの後は肌を冷やし、保湿ケアをしっかり行う。
  • その後2~3日は清潔な状態を保ち、こまめに保湿を心掛ける。

自宅でできるVIO脱毛②ワックス

ワックス脱毛は、専用のワックスを、毛と接着させるように皮膚に塗り、固めてから一気に剥がす方法です。
広い範囲の毛を一気に引き抜くことができますが、慣れないうちはかなり強い痛みを感じます。

ワックスで脱毛する際の注意点

肌へのダメージ

ワックス脱毛は、基本的に毛抜きと同様、強い力を加えて毛を引き抜くため、肌へのダメージが大きい脱毛方法です。
さらにワックスを剥がす際、皮膚の一部も同時に剥がしてしまうため、デリケートなVIOラインには刺激が強いのです。
このため、 埋没毛や毛嚢炎などをはじめとする肌トラブルを引き起こすケースが多く見られます。
敏感肌の方は、控えた方が無難でしょう。

アフターケアが重要

ワックス脱毛の後はまず、熱を持った肌を鎮静化することが重要です。
冷やしたタオルなどでクーリングした後、保湿を十分に行います。
細菌が感染しやすい状態になっているため、数日間は肌を清潔に保つように心がけましょう。

埋没毛の対策

炎症や出血などの原因で毛穴がふさがれてしまったとき、毛が皮膚の内部で伸びてしまうのが埋没毛。
ワックス脱毛は埋没毛ができやすいと言われており、埋没毛の対策は必須です。
特にデリケートゾーンは皮膚が薄く、出血することが多く、凝固した血液が毛穴を塞いでしまうことも。
出血した場合は血液をしっかりと拭き取り、アフターケアを十分に行って、肌を落ち着かせましょう。

スクラブマッサージが必須

埋没毛を予防する対策としては、スクラブマッサージが有効です。
スクラブマッサージは、脱毛後1週間ほど経過して肌が十分に落ち着いた後、週に1~2回行います。

埋没毛ができてしまった場合も、スクラブマッサージを行うことで解消できます。
コツは、強くこすらず、入浴時にやさしくマッサージすること。
マッサージ後も、保湿ケアを忘れずに行いましょう。

自宅でできるVIO脱毛③家庭用脱毛器

サロンのような光(フラッシュ)脱毛を自宅で行える、家庭用脱毛器。
毛抜きやワックスのように、その場ですぐに脱毛できるわけではありませんが、長期間継続することで、毛がほとんど生えてこなくなる脱毛方法です。

使用を継続するうちに、頻繁な自己処理が要らなくなるため、将来的には自己処理による肌ダメージを抑えることができます。
肌を綺麗に保つという観点から見ると、3つの方法の中ではもっとも現実的な方法と言えるでしょう。

なお、家庭用脱毛器として販売されている中に、電動で毛抜きを行うタイプや、毛を焼き切るだけのタイプもあるので、光脱毛器と混同しないよう注意してくださいね。
また、光脱毛器であってもVIO脱毛に適さない機種もあるため、購入前にきちんと確認しましょう。

家庭用脱毛器で脱毛する際の注意点

肌へのダメージ

家庭用脱毛器は、脱毛サロンで使用されている光脱毛と同様に、特殊な光を毛のメラニン色素に反応させ、熱エネルギーを蓄積することによって毛根にダメージを与え、脱毛します。
照射レベルを誤ると、やけどの恐れがあるので注意が必要です。

適切に使用したとしても、処理後の肌は熱によるダメージを受けています。
必ず肌を冷やした後、十分に保湿を行い、肌を鎮静化させましょう。

効果を感じにくいことも

家庭用脱毛器はエステサロンや医療クリニックと比べ、出力が低いため、効果を実感するまでに時間がかかります。
また照射レベルが弱すぎると、効果を十分に得られない可能性もあります。
効果を確実に得るためには、照射レベルが適切であることが重要です。
必ず説明書の内容を十分に確認し、正しく使用しましょう。
わからない点があれば、メーカーに問い合わせるなどして解消しておくことも大切です。

Iライン、Oラインの脱毛は難しい

毛抜きと同様に、自分で目視しにくい範囲は施術が難しいというデメリットがあります。
無理に見当をつけて照射してしまうと、同じ部位に重ねて照射してしまったり、照射漏れなども起こりやすくなります。
重ねて照射してしまうと、肌へのダメージが増してやけどのリスクが高まるため、できるだけ避けなければなりません。

このため、IラインとOラインはなるべく他の人に照射してもらう方が安全です。
自分で行う場合は、スタンド式の鏡を使って行いましょう。
粘膜を避けて、少しずつ慎重に。

自宅でVIO脱毛するメリットとデメリット

上記のように、自宅でできるVIO脱毛には3つの方法があります。
ここからは、3つの方法に共通するメリットとデメリットを見ていきましょう。

自宅でVIO脱毛するメリット

好きなときに好きな場所で

VIO脱毛は生理の期間に行えないため、都合の良いときに処理できるのは、自宅でVIO脱毛を行う最大のメリットと言えるかもしれません。
またサロンやクリニックに通う必要がないため、仕事などで多忙な人にとっても向いています。

リーズナブルに脱毛できる

デリケートゾーンという狭い範囲であっても、サロンやクリニックに通えば出費は大きくなります。
でも毛抜きやワックスなら、ドラッグストアなどで安価に入手できます。
家庭用脱毛器も、サロンやクリニックなどと比較すれば、回数制限なく照射することができるので、コスパ良好です。

他人に見られない

サロンやクリニックのVIO脱毛は、デリケートゾーンを他人に見られるため、抵抗を感じる方が多いでしょう。
自分で脱毛できるのであれば、気恥ずかしさもなく、いつでもリラックスして処理することができます。

自宅でVIO脱毛するデメリット

肌トラブルのリスク

自己流になりがちな自宅での脱毛は、大きな肌トラブルの原因となることも。
特にVIOは皮膚が薄く、刺激に敏感な部位です。
サロンやクリニックなら本来施術を中止するような状態だったとしても、自己判断で脱毛を続け、炎症を悪化させてしまうケースもあるのです。

Iライン、Oラインの脱毛は難しい

自宅でのVIO脱毛の一番の難点は、Iライン、Oラインの脱毛が難しいということです。
他人に手伝ってもらえればよいのですが、デリケートなIライン、Oラインを目視できないまま自己処理することは少々危険です。
リスクをあらかじめ理解し、出来る限り慎重に行う必要があります。

VIO脱毛は脱毛サロンがおすすめ

自宅で行うVIO脱毛は、時間と手間がかかり、どうしてもリスクが高くなってしまいます。
VIOは、色素沈着しやすいデリケートな部位ですから、他の部位以上に肌にかかる負担を抑えることが大切です。
できるだけ安全にVIO脱毛を行うためには、知識と経験を備えたプロの手を借りるのがもっとも手っ取り早い方法なのではないでしょうか。
自宅でのVIO脱毛に不安がある方、VIOラインを確実に綺麗に処理したい!という方にも、サロンやクリニックの脱毛をおすすめします。

VIO脱毛のお得なキャンペーンを展開しているサロンやクリニックも多数あるので、一度体験してみてはいかがでしょうか?

VIO脱毛で人気!おすすめ脱毛サロン・ランキング

  • KIREIMO(キレイモ)

    自宅でVIO脱毛はできる?自己処理前に知っておくべき注意点

    総合評価

    • 1
    • 1
    • 1
    • 0.5
    • 0

    3.33

    口コミ 9件
    • 無料
      カウンセ
      リング
    • カード
      払い
    • 月額制
    • 都度
      払い
    • 分割
      払い
    • 永久
      脱毛
    公式サイトはこちら
  • ミュゼプラチナム

    自宅でVIO脱毛はできる?自己処理前に知っておくべき注意点

    総合評価

    • 1
    • 1
    • 1
    • 0.5
    • 0

    3.52

    口コミ 6件
    • 無料
      カウンセ
      リング
    • カード
      払い
    • 月額制
    • 都度
      払い
    • 分割
      払い
    • 永久
      脱毛
    公式サイトはこちら
  • シースリー(C3)

    自宅でVIO脱毛はできる?自己処理前に知っておくべき注意点

    総合評価

    • 1
    • 1
    • 1
    • 0.5
    • 0

    3.72

    口コミ 5件
    • 無料
      カウンセ
      リング
    • カード
      払い
    • 月額制
    • 都度
      払い
    • 分割
      払い
    • 永久
      脱毛
    公式サイトはこちら